45歳女性がお見合いで「ベタ惚れ」されたワケ

「結婚願望はまったくなし」からの急展開

しかし、ほぼ条件通りの女性を紹介されてもピンと来ることはなかった。そして、8月に紹介されたのが神奈川県在住の敏子さんである。お互いの家を行き来しようと思ったら2時間以上かかってしまう距離だ。

「なぜこの人を私に紹介してくれるのか?と驚きました。ぶっちゃけで言うならば、お写真に魅力を感じました。若くて美しい方なので……。私なんかが申し込むとかえってご迷惑かな、絶対無理だよな、ほとんど犯罪だよな、とあきらめ半分だったのですが、返事をもらうことができたのです!」

最初のデート、すなわち2人だけのお見合いは1時間ほどお茶を飲んで解散するのがセオリーである。しかし、幸太郎さんはバブル経験世代の押しの強さを発揮する。敏子さんがお酒を飲めることを確認し、「もしよろしければ夕食も」と居酒屋に誘った。

「お互いに予定が合わず、次に会えるまでに20日ぐらい空いてしまうとわかったからです。セオリーどおりにやっていたら私などは忘れられてしまうでしょう」

幸太郎さんからの数千字に及ぶメール

会えない間はパソコンメールで文通をした。仕事で文章を書くことには慣れているという幸太郎さん。とりとめのないことを数千字も書いて送った。「何度も画面をスクロールしないと読めない」(敏子さん)ほどの量だ。幸いにも、電話よりもメールのほうが好きな敏子さんは喜んでくれ、丁寧な返信をもらうこともあった。

「メールでのやりとりで人柄がわかりますよね。彼女のメールは思いやりがあって、内面の美しさも伝わってきました」

幸太郎さん、ベタ惚れである。吉祥寺の井の頭公園でボートに乗る、ドライブ好きな敏子さんの運転で富士山へ、さらには千葉県銚子市の犬吠埼で夕陽を見る……。デートの予定を次々と入れた。しかし、あまりの急テンポに追いつけない敏子さんから待ったがかかる。当然だろう。先の予定をたくさん入れられると息が詰まってしまう。

東北出身で、全国各地を転々としながらキャリアを積んできた敏子さん。子どもには興味がなく、結婚願望も薄く、「結婚するなら夫婦別姓で別居婚がいい」などと公言して周囲を白けさせてきた。

「たまに恋愛することはありました。でも、私が好きになる人は振り向いてくれず、好意を示してくれる人には私の気が向かないことが多かったです」

次ページ婚活を始めた理由は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。