「後妻業」と疑われた41歳女性の再婚に思うこと

他人にはぱっと理解できない幸せもある

次の扉の先には……?(イラスト:堀江篤史)

遅めの結婚でも幸せな生活を送れることを主張したい本連載だが、晩婚にはさまざまな問題が伴いやすいのも現実である。再婚などの場合は財産争いが生じかねないし、不妊治療をしても子どもはできにくかったりする。今回登場してくれる愛知県出身でアメリカ在住の広瀬美香子さん(仮名、41歳)は、財産争いと不妊治療の両方を経験しつつ、それでも前を向いている女性だ。

美香子さんは3年間で2度の結婚をしている。最初の夫である信夫さん(仮名、享年67歳)とは39歳のときに死別し、翌年に現在の夫である智弘さん(仮名、49歳)と結婚したのだ。

夫と死別した後に起きた「手のひら返し」

「飲み屋で知り合った近所のおじいちゃんが白血病で死にそうだったので、掃除とかやってあげていた。キャバクラのお姉ちゃんたちのたかりがすごくて、かわいそうになって。そのうち一緒に住むことになって、カタチだけ籍を入れることになっただけ。私が葬式を出してあげたかったの。結婚して3カ月後に本当に死んじゃった……」

この連載の一覧はこちら

Zoom画面の向こう側で取材に応じてくれる美香子さんは化粧のない素顔で、いきなりざっくばらんに話し始めた。よく言えばきさくで、悪く言えば距離感が近すぎる。すぐに親しくなる人がいる一方で誤解されて敵を作りやすいタイプだと思う。

後妻業という言葉が筆者の頭に浮かんだ。死期が迫った老齢の男性と「色仕掛け」で仲良くなって結婚して財産を狙う行為だ。正直に美香子さんにぶつけたところ、そんなものではないとの返事。

「男女関係はもちろんないよ。私の父親と同い年なんだから。私は父親と仲良くないので、その代わりにいろいろやってあげたかった。手もつないでない。歩くのが大変そうだったので腕を組もうとしたら、『やめてくれ。自分のペースで歩かないと死ぬ』と断られたぐらい。私も自分の仕事を続けながら3年ぐらい一緒にいたよ。もちろん家賃はかからなかったけれど、お金をもらっていたわけじゃない。じいさんの通帳にいくら入っているのかも見たことない」

前妻とは死別している信夫さんの家族からも「お世話してくれてありがとう」と持ち上げられていたと美香子さんは振り返る。しかし、信夫さんの死後に2人が籍を入れていたことがわかると、「手のひら返し」が起きた。

次ページ裁判にかけられて…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT