飲み会もあるドイツのスポーツクラブ

第5回 いじめ・体罰と逆方向に向かう理由

スポーツクラブは地域社会の一部

こうした「飲み会」にはドイツの社会的な事情がベースにある。第3回でも触れたが、学校の基本設計は午前中で終了、大人も職住近接。そのためスポーツクラブは学校・職場とは別の老若男女が日常的に集える場になっていて、日本のように「学業もスポーツも学校」「1日のほとんどを過ごすのが会社」というようなタコツボ型にはなりにくい。そして第4回で触れたように、年齢・職業・性別などを超えたメンバーの平等性を強調する文化がある。

 さらにドイツでは「競技スポーツ」以外に「ブライテンスポーツ(幅広いスポーツの意)」という分類があることが大きい。これは余暇や健康、楽しみに主眼をおいたもので、日本でいうところの生涯スポーツに近いだろうか。いずれにせよ競技以外のスポーツが概念化されており、それに伴うプログラムが豊富だ。この延長線上に数多くの「飲み会」があるともいえるだろう。

また「地域社会」というところから見ると、学校・会社以外の人間関係の「信頼の網目」を作ることにもつながっている。加えて、ドイツも高齢化社会に向かっているが、それに伴い40代以上のクラブメンバーが増加傾向にある。その目的は健康や余暇といったものが大きいのだが、クラブに「社会的つながり」を求める人も多い。(図参照)

 オリンピック級のハイレベルな選手も数多くいるドイツだが、それはドイツ・スポーツ全体で見るとほんの一握りだ。スポーツクラブは平等性と多様性に加え、メンバーの親交を深める機会や場所が充実している。こんなことから、いじめや体罰とはまるで逆方向に向かう力が働きやすいのではないだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。