45点と評価された「ラーメン屋台」が失点した訳

漫画「ラーメン発見伝」(第3話)

ラーメンを採点する小学生。ただのヒネクレ者だと思っていたが……

小さな商事会社の営業マン藤本浩平。社内では存在感ゼロで問題児扱いされている藤本には、同僚たちが思いもしない別の顔があった。

『ラーメン発見伝』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

究極のラーメン作りを目指し、夜間などにラーメンの屋台を引いていたのだ。

その実力は、屋台が“幻のラーメン屋”と言われるほどで、もちろんスープの真贋を区別できる舌も持っていた。

そんな藤本が人気ラーメン店やラーメン業界の帝王と呼ばれるフードプロデューサーなどを巻き込んで起こす“騒動”とは?

『らーめん才遊記』、そして最新の『らーめん再遊記』へと、シリーズ開始から20年。その初期作、『ラーメン発見伝』から抜粋してご紹介します。

ラーメン小学生VS.藤本!?

©久部緑郎・河合単 /小学館
次ページただのヒネクレ者…?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT