東京の町医者から見えるコロナ感染蔓延の現実

持続可能な感染制御には細やかさが必要だ

感染対策において町医者の果たす役割が増している(写真:RomoloTavani/iStock)
7月に入って東京都で1日100人以上の新規感染者数の報告が続くなど、全国で再び新型コロナウイルスが感染拡大を始めている。第2波が到来したとも考えられる中で、医療現場では何が起き、現場の医師には何が問題点として見えているのか。新型コロナウイルス感染症の疑いがある患者を断らずに診療している診療所の所長が手記を寄せてくれた。

会食した同僚がコロナ陽性だった患者を診療

私が所長を務める蔵前協立診療所(東京都台東区)には、保健所からの紹介が絶えない。

本稿を執筆中の7月3日にも保健所から紹介があった。訪れた患者さんが1週間前に焼き鳥店で同僚と会食。その同僚が、7月2日にコロナ陽性と診断されたそうだ。患者さん本人は会食の翌々日から下痢が続き、来院時にはほぼ改善していたが、「自分ももしや?」と心配になって当院を受診した。

問診と雰囲気で当院ナースから「多分違うと思います」と申し送られた。私が防護衣に身を包み、診察し、話を聞く。

「鳥の刺し身とか食ったでしょ?」

「はい、食べました」

「カンピロバクターかもね」

念のためにPCR検査を行ったが、やはり陰性だった。当院はコロナの流行が拡大し始めた3月後半から、ゾーニング下で、コロナ感染が疑われる患者さんをのべ70人以上診療してきているため、スタッフ全員の「暗黙知」が蓄積してきている。暗黙知とは、マイケル・ポランニーが著書『暗黙知の次元』で命名した「経験的に使っている知識ながら簡単に言葉で説明できない知識」のことである。

当院のスタッフ全員に対して、5月にPCR検査、6月に抗体検査を行ったが、全員が無事に陰性だった。検査がすべてではないものの、これまでの感染対策に過不足がなかったと自負している。

次ページ生活習慣病や筋力低下に気を付けるほうが重要な患者も
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT