魚の煮つけ「手抜き料理」と言って過言でない訳

レシピなしで美味しく作れるようになる!

また、ブリの照り焼きなどの焼き物も簡単なので、ぜひ覚えておきましょう。

ポイントは、「食材に火が通ってから最後に調味料を入れる」ことだけです。食材に火が通った後にからめるようにすると焦げません。また、調味料は先に合わせておきましょう。このちょっとした手間で、面倒ではなくなります。

臭みとりは、塩を振って10分待つ

焼き魚のときには、調理の最初に魚の臭みをとってください。煮魚は、調味料が煮立ったときに入れ、それが臭みをとるので必要ありませんが、焼き魚はこのひと手間で味がグンと変わるので、ぜひやってみてください。

慣れない方は少し面倒かもしれませんが、料理の一番最初に塩を振っておくと、食材を切ったりしている間に完了します。

習慣化できると苦にならなくなります。それよりも、おいしさにやみつきになるはず。

ペーパータオルで全体を包み、しっかりと水気をとります(写真:深澤慎平)

焼き魚のときはしっかり臭みをとりたいので、魚の両面に塩を振って10分ほど置きます。そうすると生臭さや余計な水分が出てくるので、ペーパータオルでしっかり水気を拭きとります。こうすることで魚のうま味が凝縮されます。

『ちょっとの丸暗記で外食レベルのごはんになる』(日経BP)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ちなみに、料理全体のコツですが、ぜひ時間のかかるものからとりかかりましょう。先ほどの、「魚に塩を振って臭みをとる」や「野菜を塩もみして水分を出す」「肉に酒を振る」などの下ごしらえ系です。

次に野菜を洗い、まとめて切ります。皮むきが必要な野菜も、皮をむきます。肉や魚を切るのは野菜の後です。包丁とまな板を汚さない順に切るのが鉄則なので、きのこ→野菜→肉、魚の順がいいでしょう。

まな板をふたつ持って、野菜、魚・肉と分けて使うと便利です。食中毒も防ぎやすくなります。そのあと、火を使いましょう。終盤に手があけば、洗い物をしましょう。洗い物が減っていると、後がラクです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT