プロ野球開幕、セ・パリーグの足並み乱れたなぜ

セはCSなしでパはCSあり、一枚岩になれず…

無観客で行われた巨人対ヤクルトの練習試合。打席は巨人の岡本和真。6月5日、東京ドーム(写真:時事通信)

紆余曲折を経て、ようやく2020年のプロ野球が開幕する。

6月19日のシーズン開幕は1936年のプロ野球設立以来、最も遅い。

近年は143試合でペナントレースが組まれていたが、今季は120試合。いまのところ7月上旬までは無観客試合でオールスター戦、交流戦もない。そして11月21日から日本シリーズが始まるという異例の予定だ。

ここまではセ・パ両リーグは同じスケジュールだが、パ・リーグはペナントレースの全日程終了後の11月14日から1位、2位チームによるクライマックス・シリーズ(CS、日本シリーズ出場チーム決定戦、1位チームが1勝のアドバンテージ。先に3勝したほうが勝ち抜け)を最大4試合行う。セ・リーグは行わないので、セの優勝チームは最大2週間ほど日程が開く。

足並みがそろわなかったセ・パの日程

セ・リーグがCSを中止した理由は天候に左右されないドーム球場が2つしかなく、不確定要素があり、日程消化を優先したからだという。一方、パ・リーグはペナントレース終盤での消化試合をできるだけなくすべく、最後まで興味をもってもらうため、短縮してでもCSを開催することにした。

セとパの優勝チームでは試合数も日程も異なることになる。日本シリーズは同一条件で戦うとは言えない。同じNPB傘下のリーグでありながら、なぜ違う日程を組むのか?

プロ野球を見慣れた人には、珍しくもなんともない風景ではあろう。セ・リーグとパ・リーグは昭和の時代から、違う日程、異なる方針でリーグ運営をしてきた。

しかしながら、今やセントラル・リーグ、パシフィック・リーグは、独立した組織ではない。

2009年1月1日をもって、日本プロ野球組織(NPB)のコミッショナー、セ、パ両リーグの3事務局は、統合された。2リーグ分立以来59年間業務を続けたセ、パ両事務局は廃局となり、両リーグ会長職も廃止された。

セ・パ両リーグは、コミッショナー事務局の運営部だ。そのトップは「運営部長」である。いわば両リーグは一つの組織の異なる部署に過ぎないのだ。

しかし、そうなってからも、セ・パ両リーグはことあるごとに異なる方針を打ち出してきた。

次ページ東日本大震災後、批判を浴びたセ・リーグ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。