プロ野球開幕、セ・パリーグの足並み乱れたなぜ

セはCSなしでパはCSあり、一枚岩になれず…

パ・リーグは1973年~1982年、人気浮揚策として前後期2シーズン制を実施した。また1975年には指名打者制を導入した。しかしセ・リーグはパの施策に同調しなかった。2シーズン制は観客動員に結びつかず1982年に終了したが、指名打者制はパ・リーグでは今に至るも続けられている。しかしセ・リーグは導入していない。こうした確執が70年以上も続いているのは驚きではある。

これはアメリカでも同じことが起こっていた。アメリカでもナショナル・リーグとアメリカン・リーグは長く競合関係にあったのだ。MLBを創設したリーグの流れをくむナショナル・リーグと、もとはその傘下にあったアメリカン・リーグが両立して二大リーグになったのは1901年のこと。

以後、ア・ナ両リーグは、セ・パ両リーグと同様、個別の路線をとることが多かった。1973年にアメリカン・リーグは人気挽回策として指名打者制を導入したが、ナショナル・リーグは同調しないまま今に至っている。このあたりはNPBとよく似ている。

MLBはビジネス規模が大きく拡大

しかし両リーグは、1990年代に入って急速に歩み寄る。1994年から95年にかけてMLB選手会がFA権をめぐって大々的なストライキを展開、MLBの人気は急落した。

MLB各球団の経営陣はその挽回策として1996年、リーグの垣根を越えて両リーグのチームが対戦する「インターリーグ」を開始した。

このインターリーグを推進したMLB機構幹部のバド・セリグが1998年にコミッショナーに就任すると、2000年には両リーグ会長職は廃止されMLBコミッショナーの下に統合された。

球団オーナー出身のバド・セリグはやり手のビジネスマンであり、MLBは機構が先頭に立って事業拡大にまい進した。28球団を30球に拡張(エクスパンション)するとともに、放映権やライセンス、フランチャイズなどのビジネスで巨額の契約をものにした。その恩恵は30球団にいきわたった。

1994年には、MLB28球団の観客動員は5001万人だったが、2チームが新規に加入した1998年には7060万人になっている。

こうしたコミッショナー主導の強力な事業展開によって各球団の企業価値が高まる中で、両リーグの確執は霧消したと言ってよいのではないか。

この間、両リーグのチーム数を調整するために1998年にはミルウォーキー・ブルワーズがア・リーグからナ・リーグに移動。2013年には反対にヒューストン・アストロズが、ナ・リーグからア・リーグに移動している。リーグをまたいだ球団の移動はNPBでは見られない。

両リーグは未だに指名打者の有無という違いはあるが、それ以外の大きな差はなくなっている。

次ページ今季は大リーグ機構と選手会の調整が続けられている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT