(第40回)大学別就職人気企業ランキング(慶應義塾大学編)

(第40回)大学別就職人気企業ランキング(慶應義塾大学編)

採用プロドットコム株式会社
 旧帝大クラスの上位大学を対象とする就職人気企業ランキング調査の結果報告第4弾は、私立大学で唯一の調査大学となった慶應義塾大学(矢上キャンパス)の理系学生を取り上げてみたい。第1弾で特集した東京工業大学とは、首都圏にある大学としての共通の傾向も見受けられるが、慶應ならではの特徴もよく表れた結果となっている。
【調査概要】
(1)調査主体:ゼンケンULM株式会社、採用プロドットコム株式会社
(2)調査対象:ゼンケンULM株式会社主催の就職セミナーに来場した慶應義塾大学の学生
(3)調査方法:セミナー会場での紙アンケート回収
(4)調査時期:2009年10月10日(土)「Meister FESTA」、2009年10月21日(水)「慶応大生のためのJOBセミナー」(矢上キャンパス)
(5)有効回答:434名(男子343名、女子91名)就職人企業ランキング総投票数票 1,712票
(6)集計方法:就職人企業ランキングは、1人5社まで記入。記入順、性別、専攻等での加重は一切加えず、単純得票数による順位づけ。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。