(第40回)大学別就職人気企業ランキング(慶應義塾大学編)

(第40回)大学別就職人気企業ランキング(慶應義塾大学編)

採用プロドットコム株式会社
 旧帝大クラスの上位大学を対象とする就職人気企業ランキング調査の結果報告第4弾は、私立大学で唯一の調査大学となった慶應義塾大学(矢上キャンパス)の理系学生を取り上げてみたい。第1弾で特集した東京工業大学とは、首都圏にある大学としての共通の傾向も見受けられるが、慶應ならではの特徴もよく表れた結果となっている。
【調査概要】
(1)調査主体:ゼンケンULM株式会社、採用プロドットコム株式会社
(2)調査対象:ゼンケンULM株式会社主催の就職セミナーに来場した慶應義塾大学の学生
(3)調査方法:セミナー会場での紙アンケート回収
(4)調査時期:2009年10月10日(土)「Meister FESTA」、2009年10月21日(水)「慶応大生のためのJOBセミナー」(矢上キャンパス)
(5)有効回答:434名(男子343名、女子91名)就職人企業ランキング総投票数票 1,712票
(6)集計方法:就職人企業ランキングは、1人5社まで記入。記入順、性別、専攻等での加重は一切加えず、単純得票数による順位づけ。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT