(第40回)大学別就職人気企業ランキング(慶應義塾大学編)

(第40回)大学別就職人気企業ランキング(慶應義塾大学編)

採用プロドットコム株式会社
 旧帝大クラスの上位大学を対象とする就職人気企業ランキング調査の結果報告第4弾は、私立大学で唯一の調査大学となった慶應義塾大学(矢上キャンパス)の理系学生を取り上げてみたい。第1弾で特集した東京工業大学とは、首都圏にある大学としての共通の傾向も見受けられるが、慶應ならではの特徴もよく表れた結果となっている。
【調査概要】
(1)調査主体:ゼンケンULM株式会社、採用プロドットコム株式会社
(2)調査対象:ゼンケンULM株式会社主催の就職セミナーに来場した慶應義塾大学の学生
(3)調査方法:セミナー会場での紙アンケート回収
(4)調査時期:2009年10月10日(土)「Meister FESTA」、2009年10月21日(水)「慶応大生のためのJOBセミナー」(矢上キャンパス)
(5)有効回答:434名(男子343名、女子91名)就職人企業ランキング総投票数票 1,712票
(6)集計方法:就職人企業ランキングは、1人5社まで記入。記入順、性別、専攻等での加重は一切加えず、単純得票数による順位づけ。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。