(第37回)大学別就職人気企業ランキング(東京工業大学編)

(第37回)大学別就職人気企業ランキング(東京工業大学編)

採用プロドットコム株式会社
 採用プロドットコムが調査・取りまとめを行った「2010年度 新卒採用戦線を振り返る」(採用、教育・研修総括資料2009年度版)の中で、人事採用担当者が「就職ナビではコンタクトが困難だと感じる大学層」として、最も回答が多かったのが「旧帝大クラス理工系」だ。採用プロドットコムでは、その層の就職意識を探るべく、「旧帝大クラス理工系」を主な対象とする大学別セミナーを企画・運営するゼンケンULM株式会社と共同調査を実施したので、その結果の一部をご報告したい。第1弾となる今回は、「東京工業大学」を取り上げてみる。

【調査概要】
(1)調査主体:ゼンケンULM株式会社、採用プロドットコム株式会社
(2)調査対象:ゼンケンULM株式会社主催の就職セミナーに来場した東京工業大学の学生
(3)調査方法:セミナー会場での紙アンケート回収
(4)調査時期:2009年10月10日(土)「Meister FESTA」、2009年10月14日(水)「東工大生のためのJOBセミナー」
(5)有効回答:377人(男子336人、女子41人) 就職人企業ランキング総投票数1491票
(6)集計方法:就職人企業ランキングは、1人5社まで記入。記入順、性別、専攻等での加重はいっさい加えず、単純得票数による順位づけ。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。