(第37回)大学別就職人気企業ランキング(東京工業大学編)

(第37回)大学別就職人気企業ランキング(東京工業大学編)

採用プロドットコム株式会社
 採用プロドットコムが調査・取りまとめを行った「2010年度 新卒採用戦線を振り返る」(採用、教育・研修総括資料2009年度版)の中で、人事採用担当者が「就職ナビではコンタクトが困難だと感じる大学層」として、最も回答が多かったのが「旧帝大クラス理工系」だ。採用プロドットコムでは、その層の就職意識を探るべく、「旧帝大クラス理工系」を主な対象とする大学別セミナーを企画・運営するゼンケンULM株式会社と共同調査を実施したので、その結果の一部をご報告したい。第1弾となる今回は、「東京工業大学」を取り上げてみる。

【調査概要】
(1)調査主体:ゼンケンULM株式会社、採用プロドットコム株式会社
(2)調査対象:ゼンケンULM株式会社主催の就職セミナーに来場した東京工業大学の学生
(3)調査方法:セミナー会場での紙アンケート回収
(4)調査時期:2009年10月10日(土)「Meister FESTA」、2009年10月14日(水)「東工大生のためのJOBセミナー」
(5)有効回答:377人(男子336人、女子41人) 就職人企業ランキング総投票数1491票
(6)集計方法:就職人企業ランキングは、1人5社まで記入。記入順、性別、専攻等での加重はいっさい加えず、単純得票数による順位づけ。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。