(第39回)大学別就職人気企業ランキング(九州大学編)

(第39回)大学別就職人気企業ランキング(九州大学編)

採用プロドットコム株式会社
 旧帝大クラスの上位大学を対象とする就職人気企業ランキング調査の結果報告第3弾は、九州大学(伊都キャンパス)の理系学生について、その傾向を見ていくことにする。
 九州大学伊都キャンパスは、産官学の連携によって整備される学術研究都市の核として2005年10月にオープンしたばかりの新しいキャンパスで、工学系が先陣をきってまず移転し、将来的には文系、理学系、農学系なども順次移転していくことになっている。

【調査概要】
(1)調査主体:ゼンケンULM株式会社、採用プロドットコム株式会社
(2)調査対象:ゼンケンULM株式会社主催の就職セミナーに来場した九州大学の学生
(3)調査方法:セミナー会場での紙アンケート回収
(4)調査時期:2009年11月4日(水)・5日(木) 伊都キャンパス
(5)有効回答:741名(男子662名、女子79名)就職人企業ランキング総投票数票 3,028票
(6)集計方法:就職人企業ランキングは、1人5社まで記入。記入順、性別、専攻等での加重は一切加えず、単純得票数による順位づけ。
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。