2人に1人が営業を辞めたい--辞めたい理由は「不景気で売れない」、「利益達成のノルマが厳しい」など

2人に1人が営業を辞めたい--辞めたい理由は「不景気で売れない」、「利益達成のノルマが厳しい」など

営業マンの2人に1人が「営業を辞めたい」と考えている。辞めたい理由は「不景気で売れない」、「利益達成のノルマが厳しい」などだ。

産業能率大学は、全国の営業職に就いて5年以内の営業担当者500人を対象に調査を実施した。

調査によれば、「営業の仕事を続けたくない人」の比率は47%と約半数に達する。営業目標の達成状況別にみると、目標未達の層の方が達成層よりも、「続けたくない」という回答が多い。不況のため、がんばっても売れないということが営業職を嫌うことにつながっているようだ。

社内競争も大きなストレス

営業担当者のストレスの原因で一番多かったのは「営業目標」。いわゆるノルマ達成が最大のストレスとなっている。さらに「社内の他メンバーとの競争」「顧客の新規開拓」「競合との競争」などが続いている。「顧客の新規開拓」や「競合との競争」よりも「社内の他メンバーとの競争」が上位にきていることは社外だけでなく、社内でも緊張した人間関係があることを示し、営業マンのストレスの大きさを表している。

モチベーションアップに必要なこと

ストレスを減らし、営業の仕事を続けたいと営業担当者に思わせるためにはどのようにしたらよいのだろうか?

営業成績は業種・業界全体の動向や景気など外部環境の影響も大きい。産業能率大学では内部要因で少しでも負担を減らす工夫ができないものか、多角的に分析した。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT