コロナ禍で中高年の婚活「泣く人」「笑う人」

茜会とオーネットはどう取り組んでいるのか

中高年の婚活でも、コロナ禍を機に、オンラインでのお見合いを実施するようになったという(写真:つむぎ/PIXTA)
新型コロナウイルスへの感染拡大を防ぐため、気軽に外出したり人と会うことができない今、中高年の婚活はどのように進められているのだろうか。

1960年の創業から中高年の婚活・結婚相談を専門に事業を展開してきた茜会と、結婚相手紹介サービス最大手のオーネットに、コロナ禍での中高年の婚活について聞いてみた。

コロナ禍での婚活

茜会、オーネットともに、現在は婚活パーティーや婚活ウォーキング、婚活料理教室などのイベントはすべて自粛している。

「会員様の中には一部、休会する方が出てきておりますが、通常の活動を継続されている方がほとんどです。1対1で会うサロンでのお見合いは、会員双方の希望の下、数は限定的ではありますが、安全に十分配慮して行われております」。茜会で統括を務める川上健太郎さんは言う。

数人の男女が直接対面するイベントは自粛しているが、1対1で会うお見合いは一部継続しているようだ。

ただ、これまでのお見合いはサロンが中心だったが、コロナ禍を機に、事前に会員双方の連絡先を伝え、サロンではなくカフェや別の場所でお見合いする仕組みを導入し、実施している。

「弊社新宿サロンや横浜サロンのある都心に来られるより、どちらかのご自宅の近所や郊外でお会いするほうが、新型コロナへの感染リスクを減らせますし、ご自宅の近所でお会いするほうが効率的なので、お見合いに慣れている方に喜ばれています。一方、『初めて会う相手に最初から自分の連絡先を知らせたくない』と考える方、『初めての出会いの際には、スタッフに間に入ってほしい』という方にはこれまでどおり、サロンでのお見合いをお勧めしています」(茜会の川上氏)

次ページオンラインによる交流が以前より伸長
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。