理想の女性に条件70コ求める41歳男の結婚願望

アメリカ帰りの彼は臆せず恋愛経験も豊富

就職氷河期世代の年齢ながらも渡米していたため、不況のあおりにあまり影響されずにいた男性に、結婚についての考えをうかがった(東洋経済オンライン編集部撮影)
バブル経済崩壊後の超就職難期に学校を卒業した、就職氷河期世代。ロスジェネ世代ともいわれ、年齢にすると現在30代後半から40代後半ぐらいの人たちだ。今の大学生と比べて人口が多く、受験も就職も競争率が激しいうえ、社会に出る頃には不況のあおりを食らって、望まない非正規雇用の働き方を選んだ人も少なくなかった。
そしてこのタイミングで先日、政府は就職氷河期世代を対象に、3年間で集中的に就職支援を行う政策を発表した。経済的弱者は非婚の一因にもつながる。この連載は、そんな就職氷河期のロスジェネ未婚男性を追うルポだ。

氷河期時代は渡米

ロスジェネ未婚男性といっても、今回は少し特殊な人だ。この世代の多くが就職難で苦しんでいた頃、渡米して留学、1年間就職していたため、日本での氷河期を経験していないという横田正輝さん(41歳、仮名)。

現在は療育をメインに心理士として日本で開業している。いいブランドの服や小物を身に着けており、高収入であることが見るからにわかる。加えてかなり饒舌で、アメリカナイズされたポジティブさが伝わってくる。しかし、元々はネガティブ要素も強かったという。

この連載の記事一覧はこちら

「生まれつき難病の持病があり、食べ物や運動の制限があったり、頻繁に入院したりしていました。学校でいじめられたこともありましたが、光GENJIに憧れて、子役として芸能界の仕事をしたら『昨日、お前テレビに出てたな』と、いじめっ子たちに一目置かれていじめられなくなったんです。

持病は成長とともによくなり、医学部へ進学してゆくゆくはアメリカで学びたいと思っていました。しかし、『日本の大学を出てから渡米するより、直接アメリカの大学に入学したほうがいいのではないか』と友人に言われ、高校卒業後、日本の語学学校に1年間通って英語を勉強した後、渡米しました。病気のこともあり、今まで抑圧されてきたのでとにかく日本から出て自由になりたかったんです」

次ページ日本とアメリカの採用の違い
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。