「市町村長の月給が低い自治体」ワースト500

1位は財政再建中の"あの自治体"で26万円弱

新型コロナウイルス感染拡大で道独自の「緊急事態宣言」を発表し、記者会見する北海道の鈴木直道知事(写真:共同通信)

5月13日に配信した「『知事・市長の月給が高い自治体』全国TOP500」に続き、今回はその逆となる「市長村長の給料が低い500自治体ランキング」を掲載する。

東洋経済では、総務省が発表している「地方公務員給与実態調査」(2019年度版)に基づき、地方自治体の首長(都道府県知事・市区町村長)の月額給与ランキングを作成。同調査で首長の給与月額が開示されていた1788自治体の中から、下位500自治体を抽出した。

なお、総務省が公表する最新データの調査時点は2019年4月1日現在であること、ランキング表で示す月額給与に各種手当は含まれないことに留意されたい。

1位はあのイケメン知事がトップを務めた自治体

1位は、北海道夕張市の25万9000円。同市は2007年に353億円の財政赤字を抱え事実上破綻。以降、財政再建の取り組みが行われている。2019年4月の夕張市長選で新人の元市議、厚谷司氏が当選した。

厚谷氏の前任者は、現・北海道知事の鈴木直道氏。2011年、30歳のときに当時の全国最年少市長として就任した。2019年4月の統一地方選挙では北海道知事選に全国最年少38歳で当選。新型コロナウイルスの感染拡大にあたっては、全国に先駆けて緊急事態宣言を発出し、日本のみならず、世界からも注目された。

1788自治体の首長の月額給与の平均は80万7223円。本ランキングに掲載している自治体は、いずれもこの平均を下回っている。一方で、これらの自治体も地域における新型コロナ対策の重要な一翼を担っている。全国平均を下回る給与額であったとしても、感染拡大の封じ込めに向けてリーダーシップを発揮している首長には、あらためて敬意を表したい。

なお、ワースト500自治体ランキングには都道府県知事はランクインしなかった。2019年度に最も低かったのは東京都の72万8000円。現職の小池百合子都知事は「身を切る改革」の一環として、2016年9月に提出した条例を成立させ、知事報酬を半額に削減している。

次ページまずは1〜50位のランキング
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT