中村紀洋が、40歳で到達した「仕事観」

楽しいだけで仕事はできない

栄光と挫折の末に、たどり着いた境地

中村ほど、栄光と挫折の波が激しい選手は珍しい(詳しくは、過去のコラムを参照)。彼自身、「僕みたいな人生は、やめたほうがいいと思います」と、冗談めかして語っていたこともある。

20代の頃に近鉄の主軸として球界を代表する打者になったが、球界再編騒動の勃発した2004年オフ、ロサンゼルス・ドジャースに移籍する。以降、1~2年でチームを移る野球人生を続け、所属チームが決まらないまま迎えた2011年5月、DeNAに入団した。人間関係の裏でさまざまな苦労や裏切りを味わった結果、中村は野球を楽しむことをやめた。

「プロに入って10年くらいが経って、考え方が変わりました。いろんなところで転々と野球をさせてもらったあたりから、『これは楽しいだけじゃできないな』と。そう思いかけてきたとき、『仕事だな』と割り切れるようになりました」

プロ野球選手に話を聞くと、「野球を楽しみたい」という者が多い一方、「楽しんでなんてできない」と言う者も少なからずいる。後者の代表が昨季限りで引退した宮本慎也や、西武の主砲である中村剛也だ。あくまで考え方の問題だが、中村紀洋は自身の置かれた状況に対応すべく、思考法を切り替えた。

「考え方を変えたのは、いろんな汚いものを見たから(笑)。野球というものに対して、純粋に楽しかった頃はそれが見えなかった。楽しいことしかなかった。でも、いろんなことが見え出してきて、『楽しいだけでは無理だ』と。いろんなものが見えないうちは、おそらく楽しいはずですよ。楽しいことから仕事に変わっていき、使命と言うか、やらなくちゃいけないものになった。普通は、『楽しいから、やろう』となるでしょ? でも仕事になると、やらなくちゃいけないという考え方になってしまっている。その心変わりは、いろんなことを見て、いろんなことを学んできたから。今まで続けてこられているのは、野球が好きなのでしょうね。楽しいだけじゃないし、仕事だけじゃない。好きなのでしょうね」

達観、という境地に中村はたどり着いたのかもしれない。どこかでスイッチを切り替えなければ、自身のメンタルがもたない。本人が言うように、考え方を変えたから、40歳になった今も現役でいられるのだろう。

次ページ中村が見たい光景
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT