新型ティアナに見る、日産の「割り切り」戦略

売れない日本向けセダンの開発はムダ!?

日産自動車は1月20日、中級セダン「ティアナ」をフルモデルチェンジし、2月5日に発売すると発表した。価格は242万9700~304万5000円。

2003年に登場した初代から数えて3代目となる今回の新型ティアナ。全世界120カ国以上、年間60万台の販売を目指す日産の世界戦略車だが、日本の自動車市場でのセダン衰退をあらためて印象づけるモデルとなった。

新モデルとはいうものの、グローバルで見れば、2012年6月に米国で5代目「アルティマ」として発売したのを皮切りに、2013年3月には中国(車名はティアナ)にも同じモデルをすでに投入しており、日本は世界デビューから実に1年8カ月遅れの登場、ということになる。

日本は後回し

中級セダンは、世界的に見れば最も市場の大きいカテゴリーの乗用車だ。アルティマ/ティアナは、米国で月間2万台以上、中国でも月間1万台規模を販売する、まさに屋台骨を支える車種。しかし、今回の日本での月間販売計画はわずかに520台と、米国や中国とはケタが2つも違う。いかにおひざ元とは言え、こうまで市場規模が違っては、投入を後回しにするのもうなずける。

販売が見込めないだけに、日本市場をターゲットとした開発もほとんど行われていない。旧モデルまでは、海外向けとプラットフォーム(車台)は共有化されていたが、外観デザインなどは日本向けに開発され、一応、日本仕様のクルマになっていた。

次ページ中国モデルとほぼ同じ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT