トヨタ自動車と日産自動車を分析する

なぜ日産は、「独り負け」しているのか

豪腕ゴーンCEOの「コミットメント経営」が裏目に出ている?(撮影:大澤 誠)

自動車メーカーの中間決算を見渡しますと、円安や北米などでの売上増を受けて、総じて好調です。トヨタ自動車やホンダなど大手自動車メーカーは大幅な増収増益となり、特に富士重工やマツダなど4社では、過去最高の営業利益を更新しました。

ところが、そういった中で唯一、日産自動車が減益となっています。なぜ、同社だけが苦戦しているのでしょうか。今回は、好業績が続くトヨタ自動車(以下、トヨタ)と、残念ながら“独り負け”している日産自動車(以下、日産)の決算内容を分析していきます。 

「円安・北米好調・コストカット」で好業績続くトヨタ

まずは、引き続き好業績を維持しているトヨタの2013年4~9月期の決算内容を見ていきます。

損益計算書(9ページ参照)を開きますと、「売上高合計」は前年同期の10兆9083億円から12兆5374億円まで約15%増となっています。「営業利益」も6937億円から1兆2554億円まで、約81%という大幅な伸びを見せています。さらに最終的な利益である「当期純利益」も5482億円から1兆0006億円まで、ほぼ倍増しています。それによりトヨタは増配をしました。

次ページなぜトヨタの業績は大幅に改善しているのか 
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT