トヨタ自動車と日産自動車を分析する

なぜ日産は、「独り負け」しているのか

豪腕ゴーンCEOの「コミットメント経営」が裏目に出ている?(撮影:大澤 誠)

自動車メーカーの中間決算を見渡しますと、円安や北米などでの売上増を受けて、総じて好調です。トヨタ自動車やホンダなど大手自動車メーカーは大幅な増収増益となり、特に富士重工やマツダなど4社では、過去最高の営業利益を更新しました。

ところが、そういった中で唯一、日産自動車が減益となっています。なぜ、同社だけが苦戦しているのでしょうか。今回は、好業績が続くトヨタ自動車(以下、トヨタ)と、残念ながら“独り負け”している日産自動車(以下、日産)の決算内容を分析していきます。 

「円安・北米好調・コストカット」で好業績続くトヨタ

まずは、引き続き好業績を維持しているトヨタの2013年4~9月期の決算内容を見ていきます。

損益計算書(9ページ参照)を開きますと、「売上高合計」は前年同期の10兆9083億円から12兆5374億円まで約15%増となっています。「営業利益」も6937億円から1兆2554億円まで、約81%という大幅な伸びを見せています。さらに最終的な利益である「当期純利益」も5482億円から1兆0006億円まで、ほぼ倍増しています。それによりトヨタは増配をしました。

次ページなぜトヨタの業績は大幅に改善しているのか 
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT