トヨタ自動車と日産自動車を分析する

なぜ日産は、「独り負け」しているのか

参考までにキャッシュ・フロー計算書(同13ページ)にも目を通しますと、営業活動から得られる現金の収支を示した「営業キャッシュ・フロー」の「営業活動から得た現金<純額>」も、1兆2395億円から1兆9670億円まで約59%も伸びています。さらに、売上高がどれだけ効率的にキャッシュ・フローを稼いでいるのかを示す「キャッシュフローマージン(営業キャッシュ・フロー÷売上高)」を計算しますと15.7%となり、キャッシュフローから見ても、非常に収益性が高いことがわかります。

なぜ、これほどまでに業績が大幅に改善しているのでしょうか。もう少し詳しく分析するために、地域別の生産実績(2013年4~9月)を見てみましょう。

生産台数が大幅に増えているのは、北米と欧州です。北米は、前年同期より約5万台の増加。欧州は、約6万台増加しています。一方、日本は6万台近く減少しているのです。

これと併せて、地域別の収益を見てみます。最も売上高が伸びているのが北米です。「売上高合計」は前年同期より1兆円近く増えており、その内訳によると、特に伸びているのは北米内での売り上げを示す「外部顧客への売上高」です。

絶大な円安効果

ただし、北米は「営業費用」も1兆1000億円ほど増えてしまっていることから、「営業利益」は約2000億円減となりました。

その一方で、驚異的な増益となっているのが日本です。まず「売上高合計」を見ますと、前年同期より5000億円以上伸びています。その中でも特に伸びているのが、日本から海外への輸出による売上高を示す「所在地間の内部売上高」です。

そして「営業費用」はほぼ変わらないわけですから、そのまま「営業利益」に反映して、5800億円の増加となりました。前年同期より3倍以上伸びています。(同15~16ページ参照)

先ほど生産実績を見ましたが、日本の生産台数は減少していましたね。それにもかかわらず、大幅な増収増益となっているのです。さらにその内訳を見ると、輸出での売り上げが伸びていることを考えますと、この大幅な業績の伸びは円安の影響が大きいと言えます。

次ページ決して、日本での生産台数が増えたわけではない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。