2014年の自動車業界はどうなる?

豊田章男・日本自動車工業会会長に聞く

2013年は自動車業界の復調が鮮明になった年だった。2013年4~9月期決算は7社のうち6社が大幅な増収増益を達成。為替が円安に推移したことによる増益効果に加え、北米市場が好調だった。ただ中国や新興国での販売が減速するなど、先行きには不安もある。
2014年の自動車業界はどう動くのか。豊田章男・日本自動車工業会会長に話を聞いた。

 

――2014年はどういう年にしたいか。

確実に一歩進める年にしたい。木はある年に急に成長した場合、非常に弱い。毎年同じ幅の成長をして同じ幅の年輪を刻んでいくことが大事だ。

トヨタ自動車の社長に就任して以降、2013年は自動車業界として初めて平穏無事な1年になった。平穏無事とは、毎日健康で生産と販売ができるということ。そうすると結果がついてくるが、好業績であっても調子に乗らない。多少落ち込んだとしても、卑屈にならない。ぶれない軸を持ち、確実な年輪を重ねて行く。

――業績が好調な自動車業界は、日本経済の牽引役としての期待がかかる。春闘への取り組みは?

国際競争力をつけることが大事だ。日本のメーカーは、日本に生産や開発の拠点を持ち、グローバルで戦っている。日本での競争力を維持しながら、グローバルでの競争力をどう高めていくか。そのことに尽きる。質問に答えていませんね(苦笑)

――2014年の国内販売とグローバルの販売見通しは?

軽自動車、2輪などすべての車が増税になる。ある程度の落ち込み、4月以降の反動減は避けられない。ただ、その大きさがどのくらいかはまだわからない。国内市場の見通しは1月末に発表する。

グローバル市場はまだまだ先行きは見通しが難しい。かつてのように急成長の絵は描きづらい。確実に一つひとつやっていく。

次ページ中国の動向は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT