岩隈久志は、なぜメジャーに適応できたか

日本式からアメリカ式への適応

メジャー2年目の昨年、抜群の安定感で14勝を挙げた岩隈。環境への高い適応能力がもたらした好成績だ(写真:AP/アフロ

春が到来し、4月から新天地で新たなメンバーと仕事をスタートさせる人も多いだろう。自身を取り巻く環境が変わった場合、どうすれば成功を収めることができるのだろうか。そのヒントを教えてくれるプロ野球選手が、昨季、メジャーリーグの最高投手に与えられるサイヤング賞でマックス・シャーザー(デトロイト・タイガース)、ダルビッシュ有(テキサス・レンジャーズ)に次ぐ3位に選出された岩隈久志(シアトル・マリナーズ)だ。

不安を感じたメジャー移籍直後

「僕は、ほとんどメジャー流になっています」

今オフ、「Sportsnavi」の取材で岩隈に話を聞くと、自らの変貌ぶりを語り出した。

2012年、楽天イーグルスからマリナーズに新天地を求めた岩隈がまず行ったのは、素直に負けを受け入れることだった。

メジャー1年目は、日本時代の先発とは異なる中継ぎの役割を与えられた。ブルペンに配置された理由は、チームトレーナーが「右肩周辺の筋肉が(ほかのメジャー選手に比べて)弱く、先発での中4日は難しいと判断した」(2012年10月4日、nikkansports.comの記事より)からだ。実に消極的な理由で、日本きっての先発投手だった岩隈の心中は察するに余りある。

ところが4月20日のシカゴ・ホワイトソックスでメジャーデビューを飾ると、厳しい現実に直面した。この一戦からリリーフ登板した4試合で、3本の本塁打を打たれたのだ。日本で2度の最多勝に輝いた右腕は、「本当に自分はメジャーでやっていけるのだろうか?」と不安に陥ったという。

次ページ球種を日本時代と変えてみた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT