中村紀洋が、40歳で到達した「仕事観」

楽しいだけで仕事はできない

気持ちの余裕ができた今、見る夢は?

では、野球を続けるモチベーションは何なのだろうか。そのひとつが、代名詞とも言えるホームランだ。

「ホームランを打ったときの手の感触、球場の雰囲気。それが好きなのでしょうね。言葉に表すと、虜になった。昨年、山本昌(中日)さんから打った400号ホームランは、あのシーズンではベストのスイングをできたと思います。ああいう戦いをもっとしたいなというのはありますね。打ちたいという気持ちではなく、打つんだという気持ちでやっている結果だと思いますけど、実際に打つとなると、なかなか難しいと思いますよ。どうすればできるようになる? いろんなものを味わえば、いいんちゃうかな(笑)」

若かりし頃の中村は、自分のことばかり考えていたという。キャリアを重ねるにつれ、そのスタンスは大きく変わっていく。

「昔はチームのことなんか、考えていなかった。そんな余裕がない。余裕ができたから、チームが勝ちたい、みんなと喜びたいと思うようになりました」

2軍にいる現在、個人的な目標は立てられない状況だが、それでも自身のコンディションづくりを黙々と行っている。「いつ、何時、オファーがかかったときに、状態が出来上がっていなければ、アピールもできない」からだ。

そんな中村には、横浜スタジアムで見てみたい光景がある。

「いちばん思うのは、低迷しているベイスターズなのにもかかわらず、あれだけたくさんのファンが球場に来てくれる。『勝ったら、どないになるのかな?』というのを見てみたい。だから、勝つしかないんですよね。ベイスターズが優勝でも争うチームになった場合、お客さんがどれくらい入るのか。そうやって見ていて、楽しいですよね」

今季のDeNA はバルディリスに加え、投手陣では久保康友と高橋尚成を補強し、開幕前には評論家から高い前評判を得た。巨人の壁は高いものの、優勝を争えるチャンスは少なからずある。

「何とか、与えられた仕事を、きっちりやっていきたいと思います。ファンがいるかぎり、勝ちたい。この1本で勝てるとか、ファンが期待するところで打てるかどうか、それだけですね。個人的な成績うんぬんじゃなくて、チームが勝たないと、やっている意味がないので」

ビジネスキャリアを重ねていくにつれ、考え方は変わっていくものだ。それは人の特性であり、環境に順応するためでもある。

今季開幕を2軍で迎えた中村は、屈辱感を強く持っているはずだ。だが、シーズン最後に美酒を味わうため、ある部分は割り切って、自分のできる仕事を黙々と行っている。

(=敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。