まるで「持ち込み原稿」?論文審査の裏側

ふつうの人はほとんど知らない研究評価システム事情

 

前回(スタンフォードの憂鬱…?大学教員の30代)から、ずいぶんごぶさたしてしまいました。先週まで新しい授業をしていて、思っていたより忙しかったので……。スタンフォードはクオーター制を採っていて、今は1年を4つ(クオーター)、春・夏・秋・冬学期に分けたうちの、ちょうど冬学期が終わったところです。カリフォルニア州のサンフランシスコ郊外にあるスタンフォードの現在(3月15日)の気温を見てみたら華氏74度(摂氏20度ちょっと)、そりゃあ冬学期も終わるよね、という感じです……。まあ、この辺りは冬でも暖かいのですが。

St. Patrick Dayというお祭りのパレード@サンフランシスコ。Tシャツ姿が多い

今は春休み、久しぶりに出張です。ニューヨーク州北部にあるコーネル大学への飛行機の中でこの原稿を推敲しています(書いたのは、久しぶりにショッピングに行ったサンフラだけど)。予報ではあちらは華氏15度(氷点は華氏32度……)。今更ながら、アメリカはデカい。 ※行ってみたら雪が降っていました

コーネル大学のあるイサカは川や滝が沢山ある美しい町だ。川岸に解け残った雪が見える

それはともかく、今回筆が遅かった理由のひとつは、何を書こうかちょっと迷っていたこと。ここのところ話題になっていたSTAP細胞関連で書こうかと思ったのですが、まだ情報が錯綜しているうえに、ぼく自身の考えがまとまっていないもので。今回の問題は科学者の倫理という側面、研究とお金の関係、学者と一般社会のかかわり、などなど切り口がありすぎて、不用意に語るのはちょっと躊躇してしまうのです。

「論文の審査」の世界ってどうなってるのだろうか?

というわけなので、今回はあまり大風呂敷を広げない範囲で、STAP細胞問題に関係があるかもしれない(けどあんまり関係が深くないかもしれない)話をしよう。具体的には、研究論文の「審査」について。

今回の騒動に対しては、「なんで杜撰な論文が『Nature』のような一流誌に載ってしまったのか?」「誰かちゃんとチェックしなかったのか?」という疑問を持っている方も多いようだったので、研究分野は違うとはいえ同じアカデミアである我々の分野、経済学界の事情を書いておくのも、無駄ではないかもしれない。

以前にも書いたけれど、学者の研究は、原則的には専門誌(ジャーナル)に掲載されて初めて業績として認められる。専門誌というと、たとえば自然科学の『Nature』とか『Science』とかが有名だろうが、経済学にも専門誌がある。

そして専門誌にもランキングみたいなものがあって、載ると「おおっすごい!」と思われるいわゆる一流誌から、ほとんど誰も読まないような(言葉は悪いけれども)三、四流誌までさまざまだ。

次ページ専門誌に論文を投稿するってどういうことなのか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT