まるで「持ち込み原稿」?論文審査の裏側

ふつうの人はほとんど知らない研究評価システム事情

論文審査は「名無しさん」が担う

さらにややこしいことに、レフェリーは基本的に匿名なのである。レフェリーが匿名になっている理由は、そうでないと正直な意見を書けなくなるおそれがあるからだ。現代の民主主義国家で、選挙が無記名投票で行われる理由と似ているだろう。

ところがこの匿名制度には副作用がある。せっかく頑張ってすばらしい審査をしても、ほとんど誰も評価してくれないのだ。論文を投稿してきた著者はもちろんのこと、同じ論文を審査したレフェリー同士でも、自分以外が誰なのかはわからない(ついこの間コンピュータサイエンスのレフェリーをしたときにはレフェリー同士の名前が見えたので、分野によって違うらしい)。

そのうえ、レフェリーレポートは機密文書だから、公開する機会もない。せっかく苦労して書いた文章なのに、論文の著者とせいぜい依頼してきた編集委員しか読んでくれず、しかも誰が書いたかを知っているのは自分と編集委員ひとりだけなのだ。となれば特別な怠け者でなくても、やる気が出ないのは無理もない。

そして、この論文審査の依頼はしょっちゅうやってくる。僕の場合は、ちゃんと数えてみたことはないが、だいたい年間30本強、1、2週に1本くらいはレフェリーレポートを書いている。編集委員や副編集長の仕事としては、5誌それぞれで、年間10本くらい論文の採否を決定する。もっともこの数字は分野や個人によって違うので、はっきりと結論を出すわけにはいかないが、大ざっぱに言っても、1本の論文にそれほど時間をかけられない事情がある、とは言えるだろう。

そんなわけで、現在の論文審査制度にはみんなが頑張らないための条件がそろいまくっている。そんな条件があるからこそ、いろいろな問題が指摘されるのかもしれない。

次回後編は、このいろいろな問題を具体的にご紹介するところから始めよう。
 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
CSR企業ランキング2020年版<br>信頼される会社

CSR(企業の社会的責任)と財務の両データで作成する東洋経済版CSR企業ランキング。14回目の今回はトップ3を通信会社が独占し、KDDIが初のトップに。2位はNTTドコモ、3位は日本電信電話。以下、上位300位まで収録しています。