最低水準の中国「電力使用量」回復を阻む壁

プラスに転じるのは早くても秋以降の見立て

新型コロナ流行で企業活動が停滞し、中国の電力使用量は減少した。写真はイメージ(撮影:今井康一)

中国のエネルギー政策を所管する国家能源局は4月17日、2020年1~3月期の全社会電力使用量が1兆5700億キロワット時(kWh)だったと発表した。前年同期比6.5%の減少で、第1四半期の電力使用量としては過去3年で最低を記録した。

産業セクター別では、製造業が中心の第2次産業が8.8%減と落ち込み幅が最も大きかった。サービス業が中心の第3次産業も8.3%減少した。一方、農業や鉱業などの第1次産業は4%増加、家庭の電力使用量も3.5%増加した。

「電力使用量が例年の水準に届かない期間は比較的長く続くだろう」。電力業界のある専門家は、財新記者にそうコメントした。電力使用量の前年割れは2020年7~9月期まで続く可能性があり、プラスに転じるのは早くても10~12月期と予想する。

世界景気の減速で鉄鋼やアルミは在庫の山

その理由について専門家は、第2次産業が「上流と下流の両方に問題を抱えているためだ」と解説した。

新型コロナウイルスの世界的大流行により、製造業のグローバルなサプライチェーンが大きな打撃を受けている。中国国内では新型コロナの流行が落ち着いたものの、製造業は生産設備や基幹部品などサプライチェーンの上流側からの調達が思うに任せないのが実態だ。

本記事は「財新」の提供記事です

一方、鉄鋼業界や電解アルミニウム業界など電力を大量に消費する産業では、もともとの過剰生産体質に世界景気の冷え込みが追い打ちをかけている。サプライチェーンの下流側に在庫が山を成しており、せっかく操業を再開してもすぐに生産停止を余儀なくされるケースが少なくないという。

(財新記者:趙煊、陳雪婉)
※原文は4月17日配信

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナショック、企業の針路
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。