中国「医療用資材」輸出増でも問われる品質問題

3月からの1カ月間で1500億円相当に輸出許可

新型コロナ対策に欠かせない医療用資材には中国製が少なくない(写真はイメージ)

最近、中国企業が海外に輸出した医療用資材に品質をめぐる議論が相次ぎ、注目を集めている。

「医療用資材の輸出で品質問題が指摘された場合、(中国の関連当局が)真剣に調査し、違反行為を見つけたら法律に基づいて処罰する。決して手を緩めず、輸出品質を厳格に管理し、対象企業の経営を規範化する」

4月5日、中国商務省対外貿易局の江帆・一級参事官は、国務院聯防聯控機制(訳注:中国政府が新型コロナウイルス対策のために設置した行政機関横断型のプラットフォーム)の記者会見でそう強調した。

商務省、海関総署(税関)、国家薬品監督管理局は3月31日、共同で「医療用資材輸出の秩序ある発展に関する公告」を発表。医療用の検査試薬、マスク、防護服、人工呼吸器、赤外線温度計など5分野の製品について、メーカーは輸入国の品質基準に適合するとともに、中国の医療機器製品登録証明書を取得しなければ輸出を認めないと通達した。

品質の監督強化で秩序ある輸出目指す

それまでは、中国メーカーのなかには国内の登録証を取得していないにもかかわらず、輸入国の適合基準をクリアしただけで製品を輸出するケースがあるのが実態だった。

「医療用資材の品質と安全性は人の生命と健康に直結する。新型コロナの世界的大流行との戦いという非常時において、医療用資材の品質をさらに厳格に管理し、秩序ある輸出を確保しなければならない」(江参事官)

本記事は「財新」の提供記事です

通関統計によれば、医療用資材の輸出は3月下旬から相当大きく増加している。3月1日から4月4日までの間に、全国で総額102億元(約1570億円)相当に輸出許可が下りた。

その主な内訳はマスク38億6000万枚、防護服3752万セット、赤外線体温計241万台、人工呼吸器1万6000台、新型コロナの検査試薬284万セット、ゴーグル841万セットなどだった。

(財新記者:周東旭)
※原文は4月05日配信

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。