いよいよ「ゆとり世代」が社会人に、真面目だが叱られたことがない若者の意識とは

いよいよ「ゆとり世代」が社会人に、真面目だが叱られたことがない若者の意識とは

2010年4月入社の新入社員はどんな若者達なのか?

実は10年4月に入社する若者の大部分は「ゆとり世代」(1987年4月以降生まれ)。企業は初めてゆとり世代を迎え入れることになる。

人材育成企業のシェイクが10年度に正社員として入社予定の学生(院卒含む)を対象に意識調査を行い、その結果を発表した。

不況でなければ、こんな会社に入らなかった

調査によれば10年度入社の内定者は不況の影響をダイレクトに受けていると感じており、「景気が良くても今の内定先に入社する」と回答したのは、全体の50%に過ぎない。

要するに不況のため、仕方なく本来は志望していなかった企業に入社を決めた内定者が多い。他の世代に比べて入社先へのロイヤリティーが低い可能性がある。「不況でなければ、こんな会社に入らなかった」との思いを持つ新入社員。企業は入社後に慎重に彼らをサポートする必要があるだろう。

無理をして成果を出すより、マイペースでいたい

内定者の94.8%が「社会人として働くうえでプライベートの時間を重視している」としたうえ、約半数(45.2%)が「無理をして成果を出すより、マイペースでいたい」と答えている。こうした意識を持った社員が、利益をあげることを求められる企業で働き続けることはできるのだろうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。