今どき新入社員活かす上司と活かせない人の差

企業の救世主になる?Z世代との向き合い方

ついにビジネスの世界にも「Z世代」が登場しはじめました。価値観や行動はもはや宇宙人?(写真:xiangtao/PIXTA)

今年も多くの若者が社会人1年生として世に出ていく時期がやってきた。しかし、昨今の新型コロナウイルスの問題で、研修など対面での受け入れが難しくなり、リモートでの受け入れについて悩む企業からの相談も増えている。同時に、聞こえてくるのが、彼らを育成する人事や配属先の上司・先輩たちの“悩み”だ。

Z世代の価値観や行動はもはや宇宙人

数年前の新入社員であれば、“ゆとり世代・さとり世代”と呼ばれ、(上の世代の常識に当てはめると)非常識な若者というニュアンスで語られることが多かったように思う。

この連載の一覧はこちら

しかし、近年は少し異なる様相になってきた。ゆとり・さとりの次の世代、「Z世代」(後述するが、一般的に1990年代中盤以降生まれ)がいよいよビジネスの世界に登場しはじめたのだ。ゆとり世代ですら非常識と感じていた人たちからすれば、Z世代の価値観や行動はもはや宇宙人のように感じられるかもしれない。

大手各社からスタートアップまで、組織・人事コンサルティングや採用支援を手掛ける弊社エッグフォワードでも、クライアント企業から、若手の人材育成やマネジメントに関する相談は増えている。しかし、Z世代の特徴や強みに注目してみると、むしろ企業課題解決のキーパーソンになれるポテンシャルを感じることも多い。

そこで今回は、今どきの新入社員の特徴を紐解きながら、彼らの強みを活かすマネジメント術を紹介していこう。

次ページZ世代が育ってきた時代背景
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。