BMW「2シリーズグランクーペ」は何とも程良い

大型化した3シリーズより小さく使い勝手十分

最近のBMWに乗ると、やっぱりこの会社は”エンジン・メーカーだなあ”と感心するような、よくできたエンジンにお目にかかります。3シリーズしかり、Z4しかり。でもって、2シリーズグランクーペも同様。背中がぞくぞくっとする感覚です。

後席もヘッドルーム、レッグルームともに大人に十分な広さ(写真:LEON編集部)

それにはシャキッとした足回りと、正確なステアリングが貢献しているはず。ワインディングロードでは、ステアリングホイールやアクセルペダルの微妙な入力にすかさず反応。スポーツカー的な操縦感覚が味わえるんです。

やっぱりこの4ドアクーペのスタイルだったら、このスポーティーなドライブトレインしかないな、とひとりごちて、その後、まあものは試しと220dグランクーペに乗ってみました。ところが、これがなんと、目からウロコの気持ちよさ。

220dグランクーペのエンジンは…

995cc 4気筒ディーゼルエンジンは、最高出力140kW(190ps)と最大トルク400Nm。最大トルクは1750rpmから発生するだけあって、低速域でも力強いフィールです。

足回りは「あえて1シリーズより快適方向に仕上げた」とBMW本社でこのクルマのシャシー開発をしたエンジニアが言うように、しなやかです。高速では、いや、どんな道でも、路面の凹凸は丁寧に吸収。かといって、乗員がぐらぐら揺れる場面も皆無。びしっとしているんです。

路面からの騒音も、エンジン音も、風切り音も見事シャットアウトしている車内。上質感があって、居心地は抜群。電動車の夜明け前ともいえる今ですが、ICE(内燃機関)使っていいクルマを作るBMWの底力をたっぷり見せつけられました。

そうそう、コネクティビティや運転支援システムの分野でも、BMWはけっこう進んでいるんです。2シリーズグランクーペにも、スイッチ押してリバースギアに入れると、直前の50メートルの軌跡に忠実になぞって、車両が自動で後退してくれる「リバースアシスト」搭載なんです。

ドライブモードセレクターは3つのモードが選べる(写真:LEON編集部)

今回、ユーラシア大陸最西端というロカ岬に、後学(なんの後学かはさておき……)のために立ち寄りました。そのとき、ちょっと狭めの駐車場からバックして出るのに、リバースアシスト、役立ってくれました。この便利なシステムに慣れると、なしではいられなくなるかも。ヤバい先進技術です(ホメ言葉)。

次ページ音楽ストリーミングの「スポティファイ」が使える
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT