トヨタ「RAV4」が並み居る競合車に圧勝した理由

日本カー・オブ・ザ・イヤー19-20選出の裏側

今年はトヨタ自動車の「RAV4」がイヤーカーに選出された(写真:日本カー・オブ・ザ・イヤー公式サイト)

12月6日、今年の「年クルマ」を選出する「2019-2020日本カー・オブ・ザ・イヤー(略称:COTY<Car Of the Year Japan>)」の最終選考会が、東京お台場「東京国際交流館」で行われた。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

COTYは1980年に創設以来、さまざまなモデルが選出されてきたが、40回目となる今年は「トヨタRAV4」がイヤーカーに選出された。日本車の選出は3年ぶり、またトヨタ車が選出されたのは第30回(2009-2010)のトヨタ・プリウス(3代目)以来となる10年ぶりだ。最も上位の点数を獲得した輸入車に与えられるインポート・カー・オブ・ザ・イヤーは「BMW3シリーズセダン」が受賞した。

今年は三つ巴の戦い

そもそも、どのようなモデルがどのような方法で選ばれるのか。ノミネート車両は2018年11月1日から2019年10月31日までに国内で発表/発売され、年間の販売台数が500台以上見込まれたモデルが対象となる(今年は日本車13モデル、輸入車22モデルの計35モデル)。

この中から、自動車メディアを中心に構成された実行委員会が選任した60名の選考委員が10台のモデル(10ベストカー)を選出。この10ベストカーの中から最終選考が行なわれ、最も高い点数を獲得したモデルがイヤーカーとなる。10ベストカーは一次予選を突破した“精鋭”たちであり、個人的にはすべての車両に満点の10点を入れてあげたいが、採点にはルールがある。

1 選考委員の持ち点は25点
2 最も高く評価した1台に必ず10点を入れる
3 残りの15点を4台に配点(ただし9点以下)

その最終結果が下記である。

1位 トヨタ RAV4 436点
2位 マツダ MAZDA3 328点
3位 BMW 3シリーズセダン 290点
4位 トヨタ カローラ/カローラツーリング 118点
5位 ジャガー I-PACE 109点
6位 ジープ ラングラー 56点
7位 ホンダ N-WGN/N-WGNカスタム 54点
8位 メルセデス・ベンツ Aクラス/Aクラスセダン 53点
9位 日産 デイズ 三菱 eKクロス/eKワゴン 35点
10位 ダイハツ タント/タントカスタム 21点
次ページ昨年と今年のCOTYの違いは?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT