BMW「2シリーズグランクーペ」は何とも程良い

大型化した3シリーズより小さく使い勝手十分

インフォテイメントでは、ボイスコントロールで音楽ストリーミングの「スポティファイ」が使えるようになっていました。「プレイ」のあとにアルバム名やミュージシャン名を言うと、クラウドのアーカイブから楽曲をひっぱりだしてくれるのですよ。

例えば「プレイ、ビリー・エイリッシュ」と言ってみて、うまく通じると、「ノータイムトゥダイ」とか「バッドガイ」がずらずらっとモニター画面に出てきて楽曲がかかります(ちなみに「アイリッシュ」ではなく「エイリッシュ」と言うのです)。

ハーマンカードンのスピーカーは中音域が得意なようで、ちょっと上品な音づくり。ベース音は抑えめで、クラブ系音楽より、民族音楽やジャズ、それにちょっと前のロックや管弦楽などがキモチよく響きます。オヤジさんに向いているってことですね。

できのいい4ドアをお探しのオヤジさんにオススメ

コクピットのデザインは、基本的にBMWに共通した「ドライバーオリエンテッド」と呼ばれるコンセプトが採用されています。スイッチ類は、BMWに乗ったことがある人なら、すぐに操作できます。

シートの作りはよく、疲労知らずでドライブできました。後席も予想以上に広くて、大人2人で快適に座っていられます。ただ、乗りこむときだけは、低めのドア開口部に頭をぶつけないよう、ここだけは要注意ですよ。

堂々としたリアビュー(写真:LEON編集部)

日本で発売されたのは、1498cc3気筒ガソリンエンジンの「218iグランクーペ」(369万円~)と、ここで紹介しました「M235i xDriveグランクーペ」(665万円)。218iグランクーペはまだ試乗できないので、なんとも言えないのですが、220dの印象からすると、かなり期待できそうです。

1.5リッターエンジンも、基本的にシャシーを共用する新型「118i」では、充分なパワーがありました。なので、できのいい4ドアを探しているオヤジさんには、予算に合わせて、どちらのモデルを選んでも、満足いく買い物になるんじゃないかと、お伝えしておきたいと思った次第です。

(文:小川フミオ / ライフスタイルジャーナリスト)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT