「毎日3つ選ぶ」メソッドを1カ月やってみた

「ピック・スリー」実践で気づいた本当の自分

いちばん遠ざけていた「運動」のこなしかたを考えると、そもそも「なぜ運動したいのか」という動機に改めて思いをはせることにもなった。体力をつけたい。スタイルをよくしたい。それはもちろんだが、もっと深い動機があった。

私が運動をしたい本当の理由は…

私は子供の頃から体育が苦手で、徒競走では最下位しか経験がない。それで自虐ネタとして虚弱体質と運動音痴を「売り」にする癖がつき、「いかにも運動しそうにないキャラ」に自分を固定化していたのだ。

ところが実際は、運動不足のために背中が痺れるほど血行が悪く、マッサージで「筋肉が老人のように萎縮してます」と言われる始末。それを「肉体年齢70代なの~」などとまた自虐ネタにしていた。

だがそれは、向き合いたくないがゆえの逃避なのだ。笑っているけど、ネガティブ。この自虐ループをよしとする態度が、ほかのいろんな部分にも影響している気がしていた。

今回「ピック・スリー」を実践することで、忘れていた深い動機――「ネガティブな自虐ループから脱出する!」という意欲がよみがえった。このことが、私にとっていちばん大きな出来事でもあった。

この先、目標を20km、25kmと伸ばせるか、毎朝10km走れるようにまでなれるのか。それは、よみがえった動機を、アンバランスな選択の中にどううまく織り込んで、日常化してゆくかにかかっていそうだ。

決して完璧でない自分を育てていく。その第一歩は踏み出せた気がする。「ピック・スリー」、あなたも始めてみてはいかがだろうか。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT