「毎日3つ選ぶ」メソッドを1カ月やってみた

「ピック・スリー」実践で気づいた本当の自分

運動については、五輪金メダリストや50kg減量成功者、フィットネス・トレーナーなどの体験談や助言がまとめられているが、中でも車いすモトクロスチャンピオンによる「車いすに対するいちばん大きな誤解は、それが『監獄』だと思われている点」「大事なのは、恐怖に想像力を支配させないこと」などの談話は、生き方全般に通ずるものがあり読みふけった。

ページをめくるたび、次々と「運動」をピックするための心構えが飛び込んでくるが、現実的なところで、私はまず、家族やパートナーなど「誰かを巻き込む」という1節にピンときた。ひとりでジムをサボって、ひとりで煩悶している不健全さを何とかしたい。

ほかに、汗をかくことだけでなく、身体、精神、感情などあらゆる面の健康を念頭に置くこと、完璧でない自分を認め、失敗してもすぐに投げ出さないことなど印象に残る話を意識して、「運動」と誰かを巻き込む「交流」をセットでピックしていくことにした。その記録の一部を紹介する。

実録! 私のピック・スリー日誌

・1月5日(日) 芸術、運動、交流をピック

『ピック・スリー』によれば、挫折せずに運動を続けるには、大きな目標を決め、仲間を見つけ、動機をはっきりさせ、誰かに目標を話すことがコツらしい。そこで、毎日10km走っているという義妹に、どんな案配なのか聞いてみると、毎朝出勤する弟を見送りがてら出発し、ランニング・アプリを使っているという。

同じものをインストールしてみると、走行距離や地図が表示されてなかなか面白そうだ。義妹はすでに何百kmも走って、アプリから「シューズの買い替え時です」と言われているらしい。私も言われてみたい。早速、読書を早々に切り上げて街を走った。

夜は親友のS宅で夕食。アプリを見せながら「今後はこれで街を走る!」と宣言した。が、Sはジム通いのベテランで、「距離が短すぎる」といちべつ。「思いつきでしょ? 雨でも雪でも走れる? 目標はもっと具体的でないと意味ないよ」と。ハイ……。

Sと話して「毎週15km走る」と目標を立てた。5kmずつ週3回でも、7.5kmを2回でもいいし、ジムでも街でもいい。大きな目標を小さな目標に分割して挑戦だ。

次ページ試行錯誤と改良の毎日
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT