「毎日3つ選ぶ」メソッドを1カ月やってみた

「ピック・スリー」実践で気づいた本当の自分

運動については、五輪金メダリストや50kg減量成功者、フィットネス・トレーナーなどの体験談や助言がまとめられているが、中でも車いすモトクロスチャンピオンによる「車いすに対するいちばん大きな誤解は、それが『監獄』だと思われている点」「大事なのは、恐怖に想像力を支配させないこと」などの談話は、生き方全般に通ずるものがあり読みふけった。

ページをめくるたび、次々と「運動」をピックするための心構えが飛び込んでくるが、現実的なところで、私はまず、家族やパートナーなど「誰かを巻き込む」という1節にピンときた。ひとりでジムをサボって、ひとりで煩悶している不健全さを何とかしたい。

ほかに、汗をかくことだけでなく、身体、精神、感情などあらゆる面の健康を念頭に置くこと、完璧でない自分を認め、失敗してもすぐに投げ出さないことなど印象に残る話を意識して、「運動」と誰かを巻き込む「交流」をセットでピックしていくことにした。その記録の一部を紹介する。

実録! 私のピック・スリー日誌

・1月5日(日) 芸術、運動、交流をピック

『ピック・スリー』によれば、挫折せずに運動を続けるには、大きな目標を決め、仲間を見つけ、動機をはっきりさせ、誰かに目標を話すことがコツらしい。そこで、毎日10km走っているという義妹に、どんな案配なのか聞いてみると、毎朝出勤する弟を見送りがてら出発し、ランニング・アプリを使っているという。

同じものをインストールしてみると、走行距離や地図が表示されてなかなか面白そうだ。義妹はすでに何百kmも走って、アプリから「シューズの買い替え時です」と言われているらしい。私も言われてみたい。早速、読書を早々に切り上げて街を走った。

夜は親友のS宅で夕食。アプリを見せながら「今後はこれで街を走る!」と宣言した。が、Sはジム通いのベテランで、「距離が短すぎる」といちべつ。「思いつきでしょ? 雨でも雪でも走れる? 目標はもっと具体的でないと意味ないよ」と。ハイ……。

Sと話して「毎週15km走る」と目標を立てた。5kmずつ週3回でも、7.5kmを2回でもいいし、ジムでも街でもいい。大きな目標を小さな目標に分割して挑戦だ。

次ページ試行錯誤と改良の毎日
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT