「大暖冬で雪が足りない」の先にある大きな心配

この夏の東京五輪で水不足に陥るかもしれない

今年(左)と昨年の同時期に撮影した山形城。同じ場所とは思えないほど今年は雪が足りない(撮影:久保井 朝美、大沼 絵梨)

今シーズン、記録的な暖冬となっている日本列島。暦の上では1年で最も寒い「大寒」の1月20日も平年より高い気温を観測した地点が多く、最高気温は東京14.1℃、大阪12.7℃、ともに3月並みの暖かさでした。

1月20日時点では、富山、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、広島、福岡、ほかにも多くの地点で、今シーズン一度も最低気温が0℃未満の「冬日」になっていません。富山や名古屋では冬日の最も遅い記録を更新していて、名古屋は今シーズン冬日が1日も観測されなければ、観測記録がある約130年間で初めてなど、これは異例の状況です。

(出所:気象庁)

(外部配信先では図表や写真を全部閲覧できない場合があるので、その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

2019年12月1日〜2020年1月23日の平均気温は、全国的に平年より高くなりました。特に東日本と西日本で顕著で、平年比+2.0℃以上の地域もあり、平年よりかなり高いです。

東京は「初氷」の観測もまだ

また、東京は「初氷」もまだ観測されていません。東京の初氷は、平年日が12月17日で、これまで最も遅い記録が2016年1月13日でした。すでに最も遅い記録を更新していて、もし初氷が観測されなければ観測史上初めてです。

(出所:気象庁)

1月24日に気象庁が発表した3カ月予報によりますと、2月は北・東・西日本で気温が平年より高い見込みで、暖冬が続きそうです。

3月と4月は全国的に平年並みか高い見込みで、春も気温が高い傾向が続きそうです。

次ページ暖冬の原因はいったい何か?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。