「大暖冬で雪が足りない」の先にある大きな心配

この夏の東京五輪で水不足に陥るかもしれない

今年(左)と昨年の同時期に撮影した山形城。同じ場所とは思えないほど今年は雪が足りない(撮影:久保井 朝美、大沼 絵梨)

今シーズン、記録的な暖冬となっている日本列島。暦の上では1年で最も寒い「大寒」の1月20日も平年より高い気温を観測した地点が多く、最高気温は東京14.1℃、大阪12.7℃、ともに3月並みの暖かさでした。

1月20日時点では、富山、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、広島、福岡、ほかにも多くの地点で、今シーズン一度も最低気温が0℃未満の「冬日」になっていません。富山や名古屋では冬日の最も遅い記録を更新していて、名古屋は今シーズン冬日が1日も観測されなければ、観測記録がある約130年間で初めてなど、これは異例の状況です。

(出所:気象庁)

(外部配信先では図表や写真を全部閲覧できない場合があるので、その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

2019年12月1日〜2020年1月23日の平均気温は、全国的に平年より高くなりました。特に東日本と西日本で顕著で、平年比+2.0℃以上の地域もあり、平年よりかなり高いです。

東京は「初氷」の観測もまだ

また、東京は「初氷」もまだ観測されていません。東京の初氷は、平年日が12月17日で、これまで最も遅い記録が2016年1月13日でした。すでに最も遅い記録を更新していて、もし初氷が観測されなければ観測史上初めてです。

(出所:気象庁)

1月24日に気象庁が発表した3カ月予報によりますと、2月は北・東・西日本で気温が平年より高い見込みで、暖冬が続きそうです。

3月と4月は全国的に平年並みか高い見込みで、春も気温が高い傾向が続きそうです。

次ページ暖冬の原因はいったい何か?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT