45人殺傷「植松被告」に見る大量殺人犯の共通点

1月8日初公判、障害者19人殺害犯は何を語るか

移送される植松被告。2016年7月27日(写真:ロイター/アフロ)

神奈川県相模原市の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」で2016年7月に、入所者ら45人が刺され、うち19人が死亡した事件で、殺人罪などに問われた植松聖(さとし)被告(29)の裁判員裁判が、1月8日に横浜地裁で開かれる。

弁護側は、逮捕後に植松被告の尿から大麻の陽性反応が出たことや、事件前に措置入院した際に「大麻精神病」と診断されていたことなどから、薬物性精神障害による心神喪失状態だったとして無罪を主張する方針だ。一方の検察側は、捜査段階での精神鑑定で「自己愛性パーソナリティー障害」とされたことから、刑事責任を問えるとして起訴している。

この施設の元職員だった植松被告は、2016年7月26日の午前2時頃に、ハンマーで入所者の居住棟1階の窓ガラスを割って施設内に侵入。用意していた結束バンドで職員らを拘束すると、寝ている障害者を持参した刃物で次々と刺していった。

一夜にして、それも午前3時過ぎには地元の警察署に「私がやりました」と出頭していることからすると、わずか1時間ほどの間に45人の首や腹などを刺し、そのうち19人の命を奪ったことになる。まさに過去に類を見ない犯行ではあるが、それでもこうした単独の大量殺害事件を引き起こす人物には、いくつかの共通点を見つけることができる。

大島衆議院議長に送った手紙

植松被告の場合、特徴的なのは”手紙”だ。事件を起こす5カ月前の2016年2月に、植松被告は東京都千代田区の衆議院議長公邸を訪れ、大島理森衆議院議長宛に手紙を手渡そうとしている。その冒頭から少し引用すると、こうある。

〈この手紙を手にとって頂き本当にありがとうございます。私は障害者総勢470名を抹殺することができます。常軌を逸する発言であることは重々理解しております。しかし、保護者の疲れきった表情、施設で働いている職員の生気の欠けた瞳、日本国と世界の為と思い、居ても立っても居られずに本日行動に移した次第であります。
(中略)
重複障害者に対する命のあり方は未だに答えが見つかっていない所だと考えました。障害者は不幸を作ることしかできません。今こそ革命を行い、全人類の為に必要不可欠である辛い決断をする時だと考えます。日本国が大きな第一歩を踏み出すのです。〉

そして、「作戦内容」として、職員の結束バンドでの拘束など、今回の事件の計画を具体的に書いている。さらには、

〈作戦を実行するに私からはいくつかのご要望がございます。逮捕後の監禁は最長で2年までとし、その後は自由な人生を送らせて下さい。心神喪失による無罪。新しい名前(伊黒崇)本籍、運転免許証等の生活に必要な書類。美容整形による一般社会への擬態。金銭的支援5億円。これらを確約して頂ければと考えております。〉
次ページ”手紙”を書くという行為の共通点
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。