40代は「お金目的の転職」をしてはいけない理由

中高年のための「転職のコツ」を一挙紹介

40~60代が転職に際して考えるべきこととは?(写真:masaya/PIXTA)  
一口に転職といっても、実は年代によってとるべきアプローチは異なる。なぜなら、人材ニーズが年代ごとに異なるからだ。20~30代の若い年代であれば転職のニーズは高い。一方、40~60代の場合、転職の難易度が急激に高まる。
40~60代はどうやって転職先を見つければいいのか? 『転職の「やってはいけない」』の著者であり、これまで3000人以上の転職・再就職をサポートしてきた郡山史郎が解説する。

20代、30代と比べて、40代の転職は難易度が数段階高まる。理由は簡単だ。40代に期待している会社が少ないのだ。

求人元の会社が転職希望者に求めているのは、新たな職場環境でこれまで以上に力を発揮する人材である。しかし、残念ながら、40代に伸びしろはほとんどないうえに、環境順応性も低い。したがって、40代を迎えたなら、転職するよりも現在の会社にとどまることを第1に考え、そこで自分の能力を伸ばすこと、あるいはこれまで身に付けてきた知識やスキルを維持することに注力したほうがいい。

「給料」を理由に転職しないほうがいい

とはいえ、40代が転職できないわけではない。門戸は狭いものの求人はある。その前提で述べると、40代で転職するなら、それは自分のビジネスキャリアを完成させるための転職であると考えるべきだ。

人は長い年月をかけて、さまざまな能力を身に付けながら成長し続ける。そして、45歳前後を分岐点としてその能力は衰え始めるといわれている。しかしながら、平均寿命が延び続け、人生100年時代といわれるようになった今、90歳まで現役で働く人が次々とあらわれると私は予想している。

そうなったとき、40代は、ズバリ人生の折り返し地点ということになる。とするなら、転職を考えている40代は自分の人生の前半戦を完成させるとともに、その後のキャリアをよりよいものにするために転職を考えるべきだと思うのだ。

「人間関係がうまくいかないから」「給料を少しでも上げたいから」といった理由なら転職しないほうがいい。40代が転職に際して考えるべきは、第1に、これまで培ってきた知識やスキルを生かして、ビジネスパーソンとして仕上げのフェーズに移行することであるはずだ。

50代、60代、70代と年齢を重ねるなかで、自分が持っている知識やスキルを活かして何を実現するか、そのためにはどんな環境が必要なのかをじっくり考えてキャリアを築くことを目指すのである。

もちろん、40代にもなると、自分のキャリアだけを考えればいいということはない。家族のことや老後の生活のことなども考える必要がある。転職せざるをえない状況になったら、準備を怠らず、つねにリスクマネジメントを意識しながら転職活動を進めてほしい。

次ページ50代が「転職」で気をつけるべきこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。