出張族が考えた、すごいビジネスホテル

ホテル龍名館東京、驚きの”ストーリー戦略”

仕事のモチベーションが上がるかどうかは、前日に汗だくになったスーツが、いかにドライにカラッと乾いているかとか、靴もくたびれた状態でなくピカピカになっているかとか。

そうしたことが「今日もやるぞ! 出張先でのビジネスを頑張って帰るぞ」というモチベーションにつながっていくと思います。

商品開発に使われる手法にMOT(モーメント・オブ・トゥルース)、つまり「出会いの瞬間」という手法があります。スカンジナビア航空のJan Carlzon(ヤン・カールソン)氏が考案したもので、ホテルを選ぶときから、電話して応対の瞬間から、チェックインの瞬間からと、細かく時系列で出会いの瞬間を抽出していって、そこでどこにどういう価値があるかを一つひとつ設定するのです。

われわれも商品を見直すときに、お客様はホームページをどう見ていくのか、どのように予約するのか、電話したときのスタッフの声はどんなトーンがいいのかと、細かく見ていきます。部屋へ入ったときも最初に何をするんだろうといったことも気にしています。

アメニティは要所を押さえてこだわる

部屋には本格的なエスプレッソマシーンが置いてある

――すごく気を使っていますね。

到着時といえば、われわれはもともと旅館なので、お着き菓子があったほうがいいだろうと考えています。そこで、日本橋の老舗である榮太樓總本鋪さんとコラボして、ピーセンという焼き菓子を提供しています。「ああ、日本橋に来たんだな」と感じていただいて、気持ちを切り替えていただくために、お着き菓子をちょっとつまんでいただけたらと思っています。

お茶に関しても、本物を置いています。たとえばカップ付き自動販売機などにある粉茶や粉コーヒー。あれには香料と着色料が入っていて、いわばコーヒーの香りがする茶色い白湯を飲んでいるようなものなのです。

――へえ、そうなんですか。

そういうのは文化的じゃないですし、本当の意味でのティーセラピー、気分転換にはならないと思うのです。だから専門店とコラボレーションして、なるべくいいものを入れるようにしています。コーヒーも同様です。

われわれは中間価格帯のホテルなので、スーパーラグジュアリーホテルのように、アメニティのすべてにこだわっているわけではありません。でも、われわれが考えるストーリーの中で「ここだけは譲れない」というところには、コストをかけています。

次ページコーヒーは上島珈琲かネスプレッソ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • 内田衛の日々是投資
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「通いやすい」は「住みやすい」  <br>最強の通勤電車

鉄道各社のサービス改善競争は激化、路線間の格差が広がっている。利用客争奪戦で勝ち残る路線はどこか。混雑改善度ほか全7指標で東京圏32路線を格付け、新線・延伸計画の進度など、次の住まい選びを見据えて首都圏・関西路線を総点検した。