出張族が考えた、すごいビジネスホテル

ホテル龍名館東京、驚きの”ストーリー戦略”

――個人個人でいくら創意工夫をしてもですね。

そうですね。若いスタッフが立場を超えてセッションできるような仕組みとして、複数のプロジェクトを立ち上げました。それに参画させることで、自分たちでこのホテルを企画しているとの意識づけを明確にするためです。

誰しも、自分で考えたことには饒舌になります。たとえば料理人はホールサービスしないことがほとんどですが、お客様のところで料理を説明させると、すごく饒舌になります。そういう体験をすべてのスタッフにさせることで、より接遇レベルが上がって行きます。

われわれは格式の高いホテルを目指しているわけではなく、旅館なのでフレンドリーに、お客様に親身に接する。よりヘルプフルであることが、われわれのサービス、ホスピタリティのテーマなのです。

アメニティやサービスのスタイルを若手の彼ら自身に考えさせることで、よりお客様に饒舌に、積極的にサービスできるようになっていく。

やっぱり、見どころは玉子料理

――レストランは和食のブッフェですね。

そもそも私どもは日本料理しかやっておりません。ですから日本料理を売りにしていかざるをえない。ほかのジャンルの朝食をやっているホテルは周辺にたくさんありますので、商品開発の中でわれわれは和食ブッフェを中心にしていくと決めました。

15階の和食レストラン「花ごよみ」。ランチブッフェは1500円でお得

朝はみなさん非常に急いでいらっしゃるので、なるべく気軽に自分の食べたい分だけ選べるようにしていこうと。そして和食である以上は、健康的でバランスのよいものを提供していこうという考え方です。

当時は総菜ブッフェ・ブームで、割と和食的なブッフェが出始めていましたが、われわれは日本料理の職人がいる強みを生かして、総菜というより日本料理を軸にしています。

なるべくシンプルなところに差が出るようなものが、われわれの自慢です。よく洋食のシェフの力の差が出るのがオムレツだと言われるように、われわれの売りも実は玉子焼きだったりするんですね。

工場で作った出来合いのものではなく、ライブで職人が作った出し巻き卵のおいしさを味わっていただきたいというのが、われわれのテーマであり、売りですね。

――板前さんも社員だそうですね。

ええ、われわれの板前は社員だけです。職人を育成するのは時間がかかりますので、安定的な雇用をすることが絶対条件ですから。

(撮影:今井康一)

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT