ダメな上司とムダに戦っても何も得られない訳

たいがいの人は権力に見合った能力がない

上司の態度や思い込みが変えられないという前提で、どうすれば仕事で必要なことを上司に理解してもらえるか、オプションを挙げてみると、

1. 本人が自分で気づく、ないしは気づくように仕向ける
2. 上司が話を聞く人経由で話が伝わるようにする

この2つしか解決策はありません。

聞く耳を持たない上司に対して、

「くそっ! おまえが自分の眼で見りゃすぐに気づくだろうに!」

というののしりの言葉は意外と正しいわけです。関係性が悪く、聞く耳を持たない上司にわからせるには、上司に目撃させるのが1番で、それが難しければ、上司と関係性のいい部下や取引先にそれを目撃させるのがいいというわけです。

より簡単に言えば単独行動をしてはだめということです。できるだけ上司と同行するようにすれば、上司が同じものを目撃してくれるようになる。そう考えて行動してみるのです。

これで解決です。でもちょっと煙に巻かれたような気がするかもしれません。何か本質でないやり方でお茶を濁されたような。その気持ちはわかりますので、なぜこれでいいのかを検証してみましょう。

理不尽な状況が起きてしまう理由

みなさんがもしこの話に納得できない何かを感じたとすれば、その理由はみなさんの上司に対する間違った思い込みです。みなさんの上司に対する理想と言い換えてもいいかもしれません。

「上司とは、上司としての能力を持った存在であるべきだ」

と。

でも世の中は理不尽なことに、たいがいの上司はそのポジションに理想とされる能力を持っていない。この現実から、みなさんが直面する理不尽な状況が起きるのです。

そこで考えるべきことは以下の2つのオプションのうち、どちらを選ぶことが現実的かということです。

1. 上司を正しい能力へと導く
2. 上司の能力がないことは仕方ない現実だとしてそこで戦うことを選ばない

この講座で強調したい点は「その問題は1.の解決策を選ばなければいけないほど重要な問題なのか?」ということです。

もしその問題が若手部下の人生を大きく左右するとても重要な問題で、その無能な上司から逃げてしまったら若手部下の人生の目的が達成できないとします。だとしたら1.の方法を選ぶべきです。

しかし、たいていの職場でサラリーマンが直面する理不尽な状況はそれほど重要な局面で起きている現象ではありません。ただ日常生活に、能力が若干劣った上司が関わっているような状況です。だとしたらそこで戦う意味があるか。

次ページ戦わないことの最大のメリットとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT