NECで顔認証一筋20年取り組む男の仕事哲学

世界一を続けられる理由を今岡仁氏に聞く

NECが顔認証技術の世界一で居続けられるのはなぜか。日本電気株式会社(NEC)フェロー の今岡 仁さんにお話を伺った(写真:『エンジニアtype』編集部)

『エンジニアtype』は2014年にNECの顔認証技術について今岡仁さん(現・NECフェロー)に対してインタビューを行っている。

同社はその当時、米国国立技術標準研究所(NIST)のベンチマークテストで3回連続の1位評価を獲得中。「精度世界一」の名をほしいままにしていた。

本記事は『エンジニアtype』(運営:キャリアデザインセンター)からの提供記事です。元記事はこちら

このインタビューで今岡さんは「カードやスマホを使ってやっている決済を、すべて顔認証にすることが夢」であり、そのためにクリアしなければならない課題がまだまだあると語っていた。

しかし、あれから5年。今やスマホでの認証は生体認証が当たり前だし、中国では決済どころか鉄道の改札システムにまで一部顔認証を導入したと報じられている。今岡さんのかつての「夢」は、想像を超える速度で現実化していっているのだ。

その間もNECは世界一の座をキープ。2018年に行われた最新のベンチマークテストでも世界の有名ベンダーを相手に圧倒的な結果を残している。

となると、2つの疑問が頭をよぎる。1つは、これだけ競争環境が激化してなお盛者必衰の理に反してNECが顔認証技術の世界一で居続けられるのはなぜか。もう1つは、それだけの技術を国内に有していながら「どこでも顔認証の世界の実現」に象徴される実用の面で日本社会が世界に後れをとっているように映るのはなぜか、だ。

この2つの疑問をぶつけるために5年ぶりに今岡さんへのインタビューを行った。そこから見えてきたのは、20年近くにわたって生体認証と向き合い続けてきた今岡さん流の仕事哲学とでも呼ぶべきもの。リサーチャーやエンジニアに限らず、すべての職業人に通じるエッセンスがそこにはあった。

この5年で変わったのは取り巻く環境のほう

「この5年で顔認証に関して何が大きく変わったか。実はわれわれ自身がやっていることはほとんど変わらないです。大きく変わったのは周りの状況のほうでして……」

顔認証技術の利用シーン(出典:日本電気株式会社〈NEC〉)

前回のインタビューを行った5年前当時、顔認証に関する話題が新聞紙上をにぎわすことはまれだった。だが、今では顔認証は米中を中心に繰り広げられる熾烈なAI戦争の代表のようにさえ扱われ、毎日のように話題を振りまいている。

次ページAIのど真ん中にいることは確か
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT