第2回 エコライフと団塊世代

環境先進国とされるドイツ。原発事故の時にはドイツでもデモが盛んに行われた。「環境先進国」になった原動力は「ドイツの団塊世代」の存在が大きかった。

「緑の党」の登場

緑の党は「環境先進国」をイメージさせる代表格だ。環境問題は戦後の大量生産・大量消費に伴う公害などの負の面が出てきたことが直接的なはじまりだが、西ドイツ(当時)では1971年に環境保護は国の公の役務ということになった。緑の党は1980年に設立されたが、それ以前から各地方であった運動が結実したかたちだった。
 設立から3年後の1983年には連邦議会で議席を獲得。1998年からはドイツ社民党との連立で与党にまでなった(2005年まで)。その後、下野するが、昨年は地方選挙で注目が高まる。バーデン・ヴュルテンベルク州の州議会議員選挙では福島原発事故をうけるかたちで、緑の州知事が誕生した。同州は58年間、保守政党キリスト教民主同盟が政権を担っていたところだった。

今日、環境問題はどの政党も考えなければならない課題であるが、緑の党の登場は、20世紀の政治の大きな特徴といえるだろう。

次ページドイツ団塊世代の社会的影響
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT