第4回 「絆」から考える親切大国・ドイツ

 ベビーカーを押した人がバスに乗るとき、まわりの人がすっと手助けしてくれた。そんな話はドイツを訪ねた日本人から時々きくことがある。
 なんでこんなに親切なの? ドイツの「絆」とでもいうようなものを見てみる。

キンダーゲルトなる児童育英金

「絆」という言葉を食傷気味に感じている人も少なくないと思うが、震災直後の日本では大切なキーワードだった。災害の大打撃を人と人のつながりを強くして乗り切ろうという意味で使われたということだろう。
 人と人のつながりというのは、大切だ。誰も異論はないだろう。ドイツでも人のつながりは重要だ。
ただ「つながり方」という観点からみると、ちょっとちがうように思えるのだ。

言葉尻からいえば「連帯」という言葉がドイツでよく使われる。たとえばドイツには日本のNPOのような組織形態のスポーツクラブが無数にある。
 とあるスポーツクラブの会合でメンバーに課する会費が議題にあがり、その中で家族割引の値上がりも含まれていた。

当然反対する意見が出てきた。
 「連帯でもって、家族の負担を軽くするのが本来ではないか」。

ドイツの税金は高いが、子供がいる人に対しては負担を軽くし、キンダーゲルトなる児童育英金が支給される。
 富の再分配ということであるが、みんなで、つまり連帯で家族を支えていこうという考え方はそもそも共有されている。これが家族割引値上がりに対する反対意見につながっているのだろう。

次ページ困っていれば手助けをする
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。