第4回 「絆」から考える親切大国・ドイツ

困っていれば手助けをする

連帯という言葉が日本でよく使われるのは労働運動とか左翼系の分野。あるいは「連帯保証人」というようなところで登場する。場合によっては、ちょっとひいてしまうような使われかただ。

ドイツでも同様に労働運動、抵抗運動、すなわち力のない者たちが連帯によって、力のある者に抵抗するというイメージもある。
 しかし、兄弟で軽い風邪をひいた子供たちが「風邪ひきの病人連帯でもって、ぜひ学校を休みたい。ねっ、いいでしょ、おねがーい!」と親に懇願するような可愛らしい連帯もあり、ドイツでの使われ方は幅広い。

底床型のバス。ベビーカーもたたまずに乗せることができる

自分とは全く関係のない他人でも、困っていれば手助けをする。こういう連帯の考え方が身近なところで発揮されるのが、電車やバスだ。
 妊婦さんや歩行が大変そうな高齢者などが乗ってくると、さっと席を譲る。車椅子の人やベビーカーを押している人がいるといわずもがな。
 筆者も子供が小さいときにベビーカーを押してバスに乗ることがしばしばあった。人並みに歳相応の体力がある筆者にはベビーカーだけなら、たいして負担でもない。それでも私よりはるか年上のおじいさん、おばあさんが席を譲ってくれたり、ベビーカーをバスに乗せるのを手伝ってくれたことがある。
 ちなみにバスも底床型で、バス停ではググっと傾き入り口も広い。それでも人々は手伝うのだ。

「なるほどなあ」と思ったのがスーパーでのレジだった。
 長年ドイツは「サービス砂漠」と揶揄されており、「おもてなし」「お客様は神様」が経営に組み込まれた日本の小売店と比べると、ずいぶんぶっきらぼうに見えることがある。
 しかしながら、スーパーのレジにならんだ高齢者が、財布からお金を出すのに困っていると、レジ係の人が親切に手伝う現場に何度か出くわしたことがある。業務としてのサービスはないが、一般的な連帯は機能するということなのではないか。

次ページ国のコンセプトは「社会」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT