バブル女とさとり女。女の悩みは変わった? 元リクルート「最強の母」、人生相談始めます!

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

大学生のときまでは男子と同じような世界にいたのに、社会人になる手前頃から、女子はもう、生き方やあり方を模索しなくてはならない。オトコのように、まっすぐに1本、王道があるわけではない。

その選択は、はたして正しかったのか。選んだ後も、自分で決めたはずなのに振り返ってしまいます。あちらの道を選んでいたらこんなふうだったのかもしれない、もしかしてこうだったら……なんていうふうに。

たくさん王道があるからこそ、いつも迷って決めて、それでも後悔して、時に人と比べて落ち込んだり、優越感を感じたり。でも、だからこそ……女子に生まれたことって面白い!と心から思うのです。

私も就職活動のときに、ひとつ、「商社マンの嫁になるために就職する」という道を捨てました。それがよかったかどうかなんて、誰にもわかりませんが、自分で決めた道です。そして、リクルートで思い切り仕事をさせてもらいました。その間に失恋もしたし、結婚をして、不妊治療もして、こどもをふたり産んで育てています。

その間、転職しようとしたり、部下から総スカンをくらったり、責任ある仕事で結果が出せなくて涙したり。メンバーみんなで大きく事業を成長させたこともあったし、さまざまな経験をさせてもらって、すばらしい出会いもたくさん。泣いたり笑ったり、大忙しの21年でした。

リクルートでは、最後はワーキングマザーで構成された営業組織をマネジメントしていたのですが、彼女たちは、まさに選択させられまくりの人たち。さんざん迷った末、彼女たちが何かを決断して、前に向かっていく姿はとてもたくましくて美しいものでした。

選択の連続……それこそ女子の醍醐味

当時、そんな彼女たちと一緒に決めた合言葉がありました。それは、「手加減された仕事はつまらない」というもの。

家族を持ったからといって、仕事での成長をあきらめない。育児はもちろん、おしゃれやトキメキだってあきらめない。欲望たっぷりに、何ひとつあきらめないで手に入れる方法。それは、何事もどこまでもひたむきに頑張る、ということに尽きる、と私は思います。この決意こそ“やったろ感”です。

がむしゃらに頑張り、物理的にも、精神的にも欲張る。これらはバブル世代の遺物であって、今のさとり世代と呼ばれる若い世代の心の中には、本当にもうなくなってしまったのでしょうか。私にはそうは思えません。きっと彼らのことが理解できなくなった私たち上の世代の大人が、勝手に判断しているだけだと思うのです。

次ページ煩悩は悪いこと?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT