キャリア女は、どんなオトコと結婚すべき?

結婚において、愛は何番目に重要か

 結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 昨年、東洋経済オンラインに登場、大反響を呼んだ元リクルート”最強の母”堂薗稚子さんが答えます。

さて、前回より始まりました、キャリア女子の人生相談。今回は28歳の女性の方から、結婚に関するお悩み相談をいただきました。

<ご相談>
私は大手メーカーに勤める28歳、入社7年目です。最近、周囲でも結婚や出産の話がちらほら。同期も男女を問わず売れていくようになりました。
私自身は、せっかく制度の充実した会社にいるし、責任のある仕事も増えて、面白くなってきたところ。できればこれからも働き続けたいと思っています。どんな男性を選んで結婚すると、幸福な両立人生が送れるでしょうか。失敗しない結婚相手の選び方について、教えてください。
(28歳、女性)

答えはズバリ、好きな人??

いいですねぇ、20代!

いちばん悩んでしまう時期かもしれません。結婚や出産といった重要なライフイベントがまだ訪れていないからこそ、将来の自分が不安でたまらなくなっちゃうんですよね。よくわかります。

そして、この質問、リクルート時代に後輩女子からもよくされました。ずっと働き続けていきたい。もちろんこの会社で働いているかどうかはわからないけれど、キャリアは積んでいきたい。そのためには、どんなパートナーを選ぶべきなのか。イクメンになりそうなオトコ、家事が得意そうなオトコ、好きな仕事を続けさせてくれる経済力や包容力も欲しい。

その当時も自信を持って答えていましたが、答えはズバリ、「好きなひと」をパートナーに選ぶことだと私は思います。

当たり前? いえいえ、その真理になかなかまっすぐたどり着けないのが、女子の悩み深きところなのだと思うのです。

これまでの経験から言うと、一般的に“ハード条件”、つまり一流企業勤務で、収入が高いといった、キラキラして見えるオトコって、仕事に超前のめりで、自分のことだけで精いっぱい……なことが多いのではないでしょうか。

次ページ王子様は誰と結婚するか
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT