高齢出産…出生前診断を受けるべきですか?

40歳過ぎたら避けて通れない、妊娠の問題

結婚・出産で大きく変化する女子の人生は、右にも左にも選択肢だらけ。20代はもちろん、30代になっても迷いは増すばかり。いったいどの道を選べば幸せに近づけるのか? 昨年、東洋経済オンラインに登場、大反響を呼んだ元リクルート“最強の母”堂薗稚子さんがお答えします。

 今回は40歳を過ぎての出産を希望する女性より、ご相談をいただきました。出生前診断という、難しいテーマです。

<ご相談>
 41歳専業主婦です。39歳で長男を出産、すでに高年齢出産でしたが、息子には兄弟がいたほうがいいし、私も、もうひとり家族を増やしたいと思っています。そこで主人に相談するも、彼は高年齢出産のリスクが心配で、出生前診断を受けてほしい、もし正常でなかったらその時点であきらめてほしい。それなら、2人目を作ってもいいという意見です。
 染色体異常の確率が上がる年齢なだけに、私もかなり不安ですが、もし検査結果が陽性だったとしても、お腹の子をあきらめる自信がありません。なので、検査を受けたくないのですが、そうすると夫との間では話がそこで止まってしまいます。
 この夏には私は42歳になるため、1日でも早くお互いに同じ方向を向いて、協力することが必要なのですが……。前に進みたいなら、私が折れて、検査を受けるしかないのでしょうか。
 姐さんも高年齢出産、2人目を不妊治療されたとのこと。染色体異常の不安などは、どのように考えて出産されましたか?
 子どもを持つまで、こんなに2人目を欲しくなるとは思いませんでした。もっと早くに産んでおくべきだったと思います。仕事が楽しく、長年働き、そのあたりをあまり深く考えてなかったのが、いけなかったと思っています。アドバイスよろしくお願いいたします。
(41歳、主婦)

「出生前診断」、私の場合……

高年齢出産。そして、出生前診断。

深いテーマのご相談をいただいてしまいました。

妊娠も出産も「しようと思ったらいつでもできる」と思ってしまっていた若い頃。自分の仕事とてんびんにかけて、仕事を選んでしまった30代。自分で決めたこととは言え、今になっていろいろ考えてしまいますよね。

とても白黒つけられる問題ではなく、死生観にも近い人生観、誰にもわからないご夫婦や家族の生き方などにかかわるテーマなので、あくまでひとりの体験と考えとして、聞いていただけたらうれしいです。

次ページなぜ私は、診断を受けたか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT