高齢出産…出生前診断を受けるべきですか?

40歳過ぎたら避けて通れない、妊娠の問題

わが子が発症した、10万人に数人の難病

さらに打ち明け話をしてしまうと……。

そんな経緯もありつつ、なんとか生まれてきてくれたうちの第2子、4歳になる息子は、昨年の夏、10万人に数人という病を発症しました。難病指定の病です。

幸い、命にかかわる病気ではありませんが、長く長く付き合って、メンテナンスをしていかなくてはならない病気です。親である私のせいなのではないかと、随分、自分を責めましたし、よく泣きました。でもね。大きなこども病院に数カ月の長期入院をしていたのですが、たくさんの子どもたちや親御さんが、息子と比べものにならないほど重い病気と闘っている姿を見て、人生観、すごく変わったのです。

どの子もみんな、とても強くて優しい。そして親御さんも精いっぱい子どもを支えていて、子どもの存在そのものを肯定し続けているのです。ああ、それでいいんだな、子どもがそこにいてくれさえすれば、それがいちばん幸せなんだなって、何度元気をもらえたかわかりません。さらに言うと、息子は、この病気と付き合うことで、きっと、芯の強い、他人に優しい人間に育つはずだと思うようにもなりました。

難しい問題だけれども……

結局、またそこかよ、と言われてしまうかもしれませんが、子どものこともまた、親の思ったとおりにはならないことだらけ。

元気に生まれた子どもだって重い病を得ることもある。これからの生活の中で精神的に大きなダメージのある事件だってあるかもしれない。思いがけない才能を発揮するかもしれない。

母親ですから、いつだって子どものことでは、思い悩み続けるのでしょう。

でも、この子がそこにいてくれる、その幸せは何ものにも代えがたい。あなたの今の悩みが深ければ深いほど、ご夫婦での話し合いが深ければ深いほど、きっとその幸せも大きなものになるのではないでしょうか。こういう難しい問題に、きちんと悩んで結論を出せるのも、年を重ねて熟したオトナだからこそ、なのかも。

どんな結論であれ、これからあなたが自分でする選択を、私は心から応援します。これだけ考えて出す結論ですもの。きっとあなたにとって最良の結論になるはずです。

VIVA! オトナの赤ちゃん計画!

※読者の皆様からのお悩み、ご相談を募集します。こちらのアドレス(onna-sodan@toyokeizai.co.jp)まで、年齢、ご職業等を記載のうえお寄せください。掲載は匿名といたします。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。