キャリア女は、どんなオトコと結婚すべき?

結婚において、愛は何番目に重要か

わが家は、掃除が行き届かずにほこりが舞っていますが、私はメガネをかけずに過ごして、見えないからということでオッケーとしています。ドラマに出てくるような床の上に何もないぴかぴかのリビングで、子どもたちとゆったり語り合うなんてこと、ありえないのです。

だからわが家では、部屋をキレイにしたらその人は大いばり。「ありがとう」は強要。主人が干した洗濯物がくしゃくしゃでも、不思議な風味のスープを作っても、怒りよりも、ニヤっとしてしまいます。その姿を思い浮かべるとなんだかおかしくて。向こうもそう思っているかもしれませんね。

明日が納期の仕事に必死になっている自分のために、「今日はお迎えに行っとくよ」と言ってくれた、とか、休日に子どもたちと昼寝をさせてくれた、とか。小さいことだけれど、日々の暮らしの中で感謝したいことはいっぱいあるはずです。

オトナの働く女性は、夫と円満

相手の状況を思いやり合えれば、家事や育児の分担を細かく決めて、やれない自分ややらない相手にイライラなんていうことも少なくなります。ゆるーく、なんとか、回っていけばいいのです。こういう状況を作っていけるのも、やはり、「大好きな人だから」という根っこの気持ちがあるから、ではないでしょうか。

仕事を持っているオトナの女性は、不思議とご主人と仲がいいよねと、先日も働く女性をたくさん取材しているジャーナリストの方と語り合いました。主従の関係ではなく、パートナーとして、おふたりでいろいろなことを乗り越えてきたからでしょうか。そういう女性たちとダンナや子どもの悪口を言い合うのは、とても楽しい。大体、みんな笑えるエピソードだし、愛情を感じるエピソードばかりですから。

自分のことも含めて、先のことは不確実なことだらけです。だから、誰がなんと言おうが、大好きだと思える人と一緒に、不確実な人生を楽しんでいけるのがいちばん。まずは大好きな人を見つけること、です。

失敗しないオトコ選び、とか言っている間に、気になるあの人が誰かのダンナ様になってしまうかもしれませんよ!

※読者の皆様からのお悩み、ご相談を募集します。こちらのアドレス(onna-sodan@toyokeizai.co.jp)まで、年齢、ご職業等を記載のうえお寄せください。掲載は匿名といたします。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT