「FIT終了」で変わる住宅用太陽光発電の活用術

住宅大手は顧客サービスの充実を目指す

狙いとして共通することが大きく2点ある。1点目は顧客サービスの一環という側面。蓄電池の設置も含め、PVを利用するための筋道を示すことで、卒FITに迫られた顧客の不安解消を目指したものであることだ。

2点目は、ほとんどが「RE100」達成を目指すものであること。これは事業で使用するエネルギーを100%再生可能エネルギーで賄う取り組みのことであり、具体的には買い取った電力を自社の工場や事業所などで活用するとしている。卒FITに伴う取り組みを環境経営に役立てようとしているのだ。

例えば、積水ハウスでは累計700MWh以上のPVを住宅に設置し、年間発電量は約700GWhに及ぶ。その約2~3割を買い取ることでグループの事業用電力(年間約120GWh)を賄え、RE100を達成できるという。

顧客サービスとしての側面が強い

買い取りについてはこのほか、これも顧客サービスの一環として、PVを設置していないOB顧客や賃貸住宅のオーナー・入居者向けに電力を安価で販売する、さらにはRE100の達成を目指すほかの企業に販売するなどとしている企業もある。

ただ、蓄電池を設置するケースを含む買取価格をはじめ、価格の適用期間、大和ハウス工業のように他社が供給した住宅、住友林業のようにリフォーム物件を対象とするケースも見受けられるなど、各社に違いも見られる。

非住宅系PPSとの違いもある。PV電力の売買においてほぼ利益を見込んでいないということだ。ハウスメーカー系では、買い取り対象のほとんどがOB顧客であり、営業経費を極力必要としないからできることだ。

上記のうち、積水化学工業(セキスイハイム)は2018年にPV搭載住宅の累計販売が20万棟を超え、2019年11月と12月で一事業者としては最大規模となる約6万棟が卒FITの対象物件となっている。いずれにせよ、これまでにPV搭載住宅を数多く販売してきた社会的責任もあり、このような取り組みにつながっていると考えられる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT