「怖いもの知らずの起業」が全然ダメな根本理由

「サードドア」著者、未来の起業家に語る

若者たちの質問に答えるバナヤン氏。浜町Fタワーにて(撮影:尾形文繁)
2019年8月25日、若い起業家を輩出するスタートアップコンテストTOKYO STARTUP GATEWAYが主催する「TSGビジネススクール2019」が開催され、オープニング特別講座に12万部突破のベストセラー『サードドア:精神的資産のふやし方』の著者、アレックス・バナヤン氏が登壇した。
18歳のとき、ビル・ゲイツやスティーヴン・スピルバーグ、レディー・ガガなど世界屈指の成功者たちに突撃インタビューを試みたバナヤン氏は、日本の若者たちに何を語ったのか?

3カ月で本が書けると思っていた

私には、ペルシャ系ユダヤ人という民族的背景があります。移民の子どもとして生まれ、小さい頃から母には医者になるように言われ、ずっとそのための勉強をしてきました。医者のような資格があれば、どこにいても働ける。そういう職を得られなければ、両親のように苦労を背負わなければならない。だから母は、私に医者の道を進ませようと必死でした。

話題のベストセラー『サードドア:精神的資産のふやし方』の特設サイトはこちら(画像をクリックするとジャンプします)

とくに祖母にとっては、「起業家」=「失敗者」でした。でも、私は、医者になることが本当に自分の道なのか、疑問を持ち始めていました。そこで18歳のとき、この人生の危機を乗り越えるため、成功者たちから人生の始め方を学ぼうと考えたのです。

ビル・ゲイツは大学の寮でどのように起業し、最初のソフトウェアを売ったのか? スピルバーグはどのように映画監督として生きるきっかけを得たのか? その方法が絶対にどこかにあるはずだと思い、図書館にこもって彼らの本を読みあさりました。しかし、答えはどこにもありませんでした。

次ページ「答えがない」。ではどうした?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナショックの大波紋
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。